ここから本文です

ワインは四国で不人気 ?  東北ではカクテルが…

オーヴォ 10/14(金) 16:28配信

 お酒は、作っている場所や飲む場所の気候、もちろんお伴の食べ物などで合う、合わないはあるし、個人の好みもあるけれど、地域的に四国ではワインが不人気、という調査結果がある。ワイン情報サイト「WineBazaar」(バザール・神奈川)の「飲むお酒の種類」に関する調査だ。

 お酒を月に1回程度以上飲む、20~69歳の男女4057人を対象にを実施したもの。日本人が飲むお酒の全体のランキングでは、1位「ビール」(78.6%)、2位「サワー/チューハイ」(47.0%)、3位「ワイン」(43.7%)の順。性別でみると、男性はビール、日本酒、焼酎、ウイスキー好き、女性はワイン、カクテル、チューハイ好きだ。年代別では、ビール、焼酎、ワインなどはシニア層の方が、カクテル、サワー/チューハイなどは、若者層の方がよく飲んでいる。もっとも、日本酒、ウイスキーについては、30~40代よりも、20代の方が比較的飲んでいることも明らかに。

 地域別にみると、関東地方では「ワイン」(48.5%)がよく飲まれている。東北地方では「焼酎」(45.8%)が人気で、カクテルのようなお酒はあまり飲まれていない。そして四国地方では、ビールを愛飲する人が多かった反面、「ワイン」を飲む人は24.1%と少なかった。

最終更新:10/14(金) 16:28

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。