ここから本文です

小松菜奈、志磨遼平の主題歌に「心にグッときました」

Smartザテレビジョン 10/14(金) 5:00配信

11月5日(土)公開となる、小松菜奈、菅田将暉W主演映画「溺れるナイフ」から、本作で映画初出演となった志磨遼平ソロプロジェクト・ドレスコーズが担当する主題歌「コミック・ジェネレイション」のMV(ショートバージョン)が解禁された。

【写真を見る】破裂しそうな恋と衝動を描く映画の切なげなポスター!

本楽曲は、志磨が在籍していた伝説のバンド・毛皮のマリーズの名曲を、本作のために再録したニューバージョン。当初は、毛皮のマリーズのバージョンを予定していたが「昔の僕はあまりに傲慢(ごうまん)で、自分以外の誰のためにも歌ってはいない。

今作に寄り添うことができているかはなはだ不安です、と正直に伝え、監督との相談の末にこのたびの再演奏・再録音を行いました」と、志磨自らの要望で再録に至った。

今回解禁されたMVは「溺れるナイフ」の映像を使用。都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松)と地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田)が、出会った瞬間に引かれ合い、幸せ過ぎるシーン満載の映像が切り取られる。

「これは『溺れるナイフ』という夢、その中で暮らす夏芽とコウちゃんのためだけに演奏した(つまり自分以外のために演奏する、初めての)“コミック・ジェネレイション”です」と、志磨の思いが込められた本楽曲は、映画とリンクしながら希望の光を導き出す。

本楽曲を聞いた小松は「『愛も平和も欲しくないよ。だって君にしか興味ないもん!』この歌詞はナツメとコウの関係にすごくぴったりであの燃え尽きた夏(撮影)を思い出し、いろんな感情が湧いて心にグッときました。映画を見てこの曲を聴いた後も皆さんの心に残る曲と歌詞になると思います」とコメントを寄せた。

「コミック・ジェネレイション」は、映画「GANTZ:O」の主題歌となった「人間ビデオ」とW主題歌シングルとして発売中。

さらに、10月25日(火)からカラオケチェーン「まねきねこ」で主題歌を歌うと、映画グッズ他豪華賞品が当たるキャンペーンを実施予定。11月5日(土)公開に向け、ますます盛り上がりを見せる「溺れるナイフ」に、引き続き注目してほしい。

最終更新:10/14(金) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革