ここから本文です

「押し入れのミノ虫夫」、自分と竹野内豊を重ねあわせる

NEWS ポストセブン 10/14(金) 16:00配信

 神奈川県在住のパート勤務女性・Yさん(40才)は、「押し入れのミノ虫夫」(45才・運送会社勤務)に呆れ果てているという。一体「ミノ虫夫」とは何なのか。

 * * *
 買い物から帰ると、和室に布団が散乱。夫が押し入れの下段の布団を全部引っ張り出して、中で“く”の字になって爆睡していたの。

 夫を叩き起こすと、「何で予定通りに動かないんだ。帰りは5時頃になるって言って出たのに、まだ4時前だろ」って、ぶつぶつ。

 自分の家に何時に帰ろうと、私の勝手よ。ひとしきり言い合いをした後で、「で、ここで何していたの?」と問い詰めると、「う~んと、家の中でいちばん落ち着くっていうか。悩みごとがあるときは、これまで何度も寝てた」って言うじゃないの。

 ガッツのある営業マンだったはずの夫が、私に隠れて、押し入れでくの字で寝ていると思ったら、思わず「そんなことしないでッ」って怒っちゃった。

 そしたら、住宅メーカーのCMで、竹野内豊が「天井が低くて狭いところが好き」って言うでしょ。夫は見るたび、「だよなぁ~」と同意を求めるけど、「あなたは巨大なミノ虫に見えるのッ」と喉元まで。

 なんで自分と竹野内豊を重ねて考えられるのよ。

※女性セブン2016年10月27日号

最終更新:10/14(金) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。