ここから本文です

「オバマが…」 梅宮アンナが語る父のがん手術後「せん妄」

NEWS ポストセブン 10/14(金) 16:00配信

「あなたはがんの疑いがあります」──告知されて、本人がショックを受けるのはもちろんのこと、家族も現実を受け入れるまで大きな苦しみが伴う。

 タレントの梅宮アンナ(44才)はこの6月、父・辰夫(78才)が十二指腸乳頭部がんだと診断された。アンナはロケ先で、これから仕事というときに電話で知らされたと語る。

「ちょうどそのとき、泊まりがけの長いロケをやっていたんです。つらかった…。誰にも言えないし。仕事中は笑ってなきゃいけないし、全然違う話をしなきゃいけない。本当だったら、『みんな、聞いて!』って言いたいんだけど、言えない。この仕事、きついなぁって、改めて思った」

 辰夫は40年前に1度、肺がんを患っている。親戚にもがんで亡くなった人が多いこともあり、家族は“もしもの時”のことを以前から考えていた。

「父はこの40年、ずっとがんと闘っているという意識でした。1回、死んでもおかしくないところから命をもらえているので、風邪を引いても『風邪くらい…』なんて言わずにきちんと病院に行ったり。1個1個をバカにせず生きてきたんです。ですから今回のがんに、さすがの父も愕然としてしまったんです」

 今回は12時間という長い手術になるため、医師から「最悪の事態も想定しておいてください」と伝えられていた。

「もちろん、元気で退院できる可能性もあるけど、手術中にこのまま…ってことも考えないといけない。私は常に、最悪のことも考える性格なので、相続やお葬式のこととかも家族で話しましたね。話すしかなかった。父に、『私は自分でどうにかできるから、もしもの時に、ママと孫の百々果(ももか)が困らないようにしてね』って、伝えました。父は、遺言も書いていたと聞いています」(アンナ)

 治療を受けている段階で、家を売るのか、家族にはどんな形でお金を残すのか──想像したくもないが、後で困らないように、考えなければいけないこともある。そして、アンナが精神的にいちばんつらかったのは、手術直後だった。

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 19:24

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。