ここから本文です

メガネが似合う人に広末涼子、及川光博、西内まりやら

NEWS ポストセブン 10/14(金) 16:00配信

「第29回日本メガネベストドレッサー賞」の受賞式に、衆議院議員の河野太郎氏(政界部門)、落語家・春風亭昇太(文化界部門)、広末涼子(芸能界部門・女性)、及川光博(芸能界部門・男性)、西内まりや(サングラス部門)、河北麻友子(特別賞 ※今後、メガネをかけて活躍してほしい人)が登場した。

 イベントでは、広末が家族から今回の受賞を驚かれたというエピソードを披露。ネット上では、広末のように普段メガネをかけているイメージがない人であっても受賞することについて、議論を呼ぶ結果となった。

 なお、「経済界部門」を受賞したの三越伊勢丹ホールディングス社長の大西洋氏は授賞式には参加できなかった。

撮影■黒石あみ

最終更新:10/14(金) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。