ここから本文です

ふんわりごぼうが香る「ごぼう茶」で毎日をヘルシーに

東京ウォーカー 10/14(金) 6:30配信

コンビニ、スーパーマーケット向け飲料メーカー、サーフビバレッジは、従来商品の「ごぼう茶」が食物繊維入りになり、さらにおいしくなった「皮つきごぼうのごぼう茶」をリニューアル発売した。

【写真を見る】手軽においしく、日々の健康をサポート

日本人になじみの深い“ごぼう”は、健康に良いことで広く知られているが、調理に手間を取るため、敬遠されがちな食材。この手間を省き、ごぼうという食材を手軽に摂取することができるよう開発されたのが「ごぼう茶」だ。今回のリニューアルでは、味と香りにこだわって厳選した北海道産のごぼうを皮つきのまま使用し、食物繊維をプラスして栄養面を強化。ごぼうの特徴はそのままに、甘さとコクがアップしている。和食はもちろん、洋食や脂の多いお食事など、どんなお食事にもあわせやすい味わいだ。

女性や子供も安心のノンカフェイン。手軽でおいしい「ごぼう茶」でヘルシーライフを送ろう。【ウォーカープラス編集部/渡邊美佳】

最終更新:10/14(金) 6:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。