ここから本文です

老舗和菓子店が作った“ハロウィン目玉スイーツ”

東京ウォーカー 10/14(金) 6:45配信

川崎の地で65年間和菓子屋を営む菓子匠末広庵では、「キモかわスイーツ」をテーマに、「おばけのパーティーをみつめてる(目玉の水饅頭)」、「ぼくも仲間に入れておくれ(指型のサブレ)」などの3商品をハロウィン限定商品として、神奈川県内全7店舗にて10月31日までの期間限定で販売する。

【写真を見る】味にも自信あり!人気商品のサブレが指の形になって登場

「おばけのパーティーを見つめてる」(税抜292円)は、目玉に見立ててアレンジした水饅頭。ギョロっと見つめられるようなインパクトのある見た目とは裏腹に、厳選した北海道小豆のこしあんと北海道産の牛乳で繊細な味に仕上がっている。

上生菓子など伝統の和菓子はカロリーも控えめで、若者からシニア層まで幅広い層におすすめ。この商品には、若者には“和菓子を身近に感じられる商品”として、シニア層には“ハロウィンを身近に感じることができる商品”として、若者のイベントというイメージの強いハロウィンを、家族全員で楽しむイベントにしたいという思いが込められているのだ。ケーキやタルトもいいけれど、伝統の和菓子でハロウィンパーティーというのも盛り上がること間違いなしだ。【ウォーカープラス編集部/青山奈津美】

最終更新:10/14(金) 17:19

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。