ここから本文です

一見キモカワ「目玉」、実は繊細なハロウィン和菓子

東京ウォーカー 10/14(金) 7:00配信

かぼちゃの練りきりやオバケモチーフの白いおまんじゅうなど、ハロウィンをテーマにした和菓子は今やポピュラーな存在。でも、その「味」は意外と想像つくものが多いのでは?

【写真を見る】指型サブレ「ぼくも仲間に入れておくれ」。集団で仮装する予定のある人は、皆でコレを食べても盛り上がりそう

もっと驚きが欲しい……! なんて人は、国内最大級のハロウィンイベント「KAWASAKI Halloween」が開催される川崎で、65年間和菓子屋を営むという菓子匠末広庵から販売されている、ハロウィン限定品をチェックしてみて。

おすすめは、怖いような可愛いような不思議さが漂うネーミングの「おばけのパーティーを見つめてる」という水まんじゅう。和菓子ならではの上品な透明感が手伝って、モチーフである目玉がまるで生きているかのよう!? と、見た目はなかなかのインパクトであるものの、北海道小豆のこし餡と北海道産の牛乳で仕上げてあるという、味わいはとても繊細な逸品です。



その他、机の上にあったら一瞬ドキッとしてしまいそうな指型サブレ「ぼくも仲間に入れておくれ」は、オバケがお墓から出てくる姿を表現してやピーナッツでできた爪や関節を付け、リアルな見た目の指の形に仕上げたというもの。北海道産のバターと発酵バターをたっぷり使用し、香ばしく焼き上げてあります。比較的日持ちするので(14日間)、差し入れなどにもぴったり。でも、ママがこれをボリボリかじっている姿を子供が目撃したら、ちょっとびっくりされちゃいそうなのでご注意あれ。さらに家族みんなで食べるシーンでは、オバケモチーフのキュートな練り切り「ハロウィンがはじまるよ」もぴったり。オバケが怖い小さな子も、これならニッコニコ間違いなし。



3品ともに、販売は神奈川県内全7店舗にて10月31日までの期間限定。上質な味わいのハロウィン菓子は、ひとりのときも大勢のときも、気分をアゲてくれる名脇役になってくれそう。キモカワな見た目と繊細な味わいのギャップを、ぜひ楽しんでみて【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/14(金) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。