ここから本文です

栗だと思ったら実はバームクーヘン!世界初のマロンスイーツ

東京ウォーカー 10/14(金) 15:27配信

見た目は栗そのもの。日本初の農園直営オープンキッチンバームクーヘン専門店「Farmkuchen Fukasaku」を運営する農業法人深作農園有限会社が、茨城県産の農作物とのコラボレーション企画として、「栗ばうむプレミアム」(2400円)の販売を開始した。

【写真を見る】カットしたらバームクーヘンが姿を現す

深作農園の所在地でもある茨城県は、栗の栽培面積と生産量で日本一を誇る。今回のコラボでは、世界で初めてバームクーヘンでリアルな栗の形を再現。細かく切った栗の甘煮をたっぷりと、中心の栗の餡に混ぜ込むことで、栗の食感も楽しめる。

栗餡の周りの約10層のバームクーヘン生地には、栗のクリームを練り込み、表面はミルクチョコレートでコーティング。香ばしいケシの実で、栗を表現した。

バームクーヘンの洋菓子のイメージと、栗の餡を使った和菓子のイメージをうまく融合させ、栗が持つ食感も楽しむことができる、これまでになかったマロンスイーツ。“栗風味”ではなく“栗の味”として満足できる、リアルな栗のバームクーヘンを味わってみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/14(金) 15:27

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ