ここから本文です

愛知・岐阜・三重の新店No.1ココだ!ラーメン新店ランキング・東海編

東京ウォーカー 10/14(金) 21:58配信

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。読者やWebユーザーらからの投票により決まる同ランキング、15年にオープンした新店(東海編)の中で1位に輝いた実力店をを紹介しよう。

【写真を見る】岐阜のラーメン新店ランキング第1位、「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」の得チャチャ!!ラーメン(890円)

■ 【愛知新店1位】らぁ麺 紫陽花

東京の有名店や三重にある淡麗系の雄「鉢ノ葦葉」などで修業を積んだ店主が営む。醤油に徹底的にこだわり、メニューはすべて醤油味。オープン当初より、その実力の高さからラーメンフリークの間で話題になり、現在では常に行列ができるほどの人気だ。看板メニューの醤油らぁ麺(730円)は、味はもちろん、そのビジュアルの美しさにも感動を覚える。

■ 【岐阜新店1位】ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒

岐阜の名店「白神」での修業を経て、昨年の開業以来、瞬く間に人気店となった。煮干しの風味と背脂の甘味が特徴とする新潟のご当地麺、燕三条系を独自にアレンジしたラーメンが看板メニュー。麺は、「春よ恋」など北海道産小麦を使った自家製麺だ。同ランキングの岐阜総合部門でも2位に輝くなど、その実力の高さがうかがえる。

■ 【三重新店1位】麺屋 よつ葉

国産若鶏の丸鶏を使ったスープや三重県産の豚肉のチャーシューなど、国産の食材を使用。泡におおわれたクリーミーな口当たりが特徴の、濃厚鶏らーめん(850円、数量限定)が名物だ。地元の農家から仕入れた厳選野菜をたっぷり使った、松阪タンメン(790円)も人気の一杯。

今回紹介したラーメン以外にも、泡系や煮干し系など多彩なブームが勃発中の愛知、岐阜、三重。東海エリアに出かける機会があれば、ぜひラーメン店を巡ってみよう。【ラーメンWalker編集部】

最終更新:10/14(金) 21:58

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。