ここから本文です

鈴木亮平と白石隼也が倒したい敵は「○○の汚さ」と「○○してしまう心の弱さ」

週刊女性PRIME 10/14(金) 7:00配信

 映画『彼岸島』(10月15日より全国ロードショー)で主役の兄弟を演じた白石隼也と鈴木亮平。

白石「わかりやすく言えば、僕は熱血漢タイプで、亮平さんはすごくクールです」

鈴木「逆、逆~! つまんないツッコミさせるね、隼也は(笑)」

 2人は同じ事務所の先輩・後輩という関係だが、“性格は似ている?”という最初の質問から、一気になごやかムードに。リラックスした空気感は、まるで本物の兄と弟のよう。

鈴木「逆ですよ、僕は見た目のとおり何にでも熱くなるような熱血漢。隼也は、なんていうのかな……“悟り系男子”といったところでしょうか(笑)」

 ウイルスに感染した住民が吸血鬼と化し、次第に支配されていく絶海の孤島『彼岸島』。特に白石は、ほとんどがアクションシーンのため撮影が過酷だったそうで、

白石「体力をつけて身体を作っていったんですけど、体重は3キロくらい落ちました。それくらいずっと動き回っていたんです」

鈴木「もう、本当に『彼岸島』に住んでる人みたいな顔つきになっていて(笑)。クランクインしたときと、クランクアップしたときの表情がまったく違いました。その集中力と、自分を追い込んで撮影に挑む姿勢はすごいなと思いましたね」

 鈴木も、ドラマ『天皇の料理番』で20キロの減量、映画『俺物語!!』で30キロの増量(ともに2015年OA&公開)など、役に応じて肉体改造を行うことで有名。

白石「みなさんご存じのとおり、亮平さんは本当にストイックな方。でも、この現場では結構お菓子を食べていましたよ! (笑)」

鈴木「そうですね、実はお菓子大好きなので(笑)」

2人が倒したい敵って? 

 この原作は漫画だけど、普段、読む機会はある? 

白石「僕はどちらかと言えば小説を読むほうが多いです。最近は、次の役作り(大河ドラマ『真田丸』)のために、歴史ものを読んでいます」

鈴木「僕も次の役のための資料や小説が多いです。趣味で読みたい本を選ぶことは少ないですが、唯一、生き物の本や世界遺産系の新書は見ます。変な生き物図鑑とかも好きです。短くまとめるのは難しいんですけど、とにかく世界にはすごい生き物がいるんですよ。例えばキリンとか……」

 キリンのすごさを熱弁し始めようとする鈴木に「たぶんカットされちゃいますよ」と、冗談で笑わせる白石。そんな白石をひじで小突きながら、鈴木は「またお時間たっぷりあるときに語らせてください(笑)」と、テンポのいい会話が続く。

 劇中では倒す相手が吸血鬼だったけど、2人には倒したい敵っている? 

白石「僕は、朝寝坊してしまう心の弱さ! 目覚ましをセットしても気づかないことがよくあるんです。過去最高の寝坊ですか? たしか、2時間くらい(笑)。現場の都合で撮影時間が押していたり運がよくて、まだ深刻な事態にはなったことがないんですけど。それは絶対に直したいですね、倒します」

鈴木「僕が今、頭に浮かんだのは“字の汚さ”かな」

白石「めちゃくちゃサインの字は達筆じゃないですか」

鈴木「サインは書き慣れているし、そこそこカッコよく見える形を編み出したから(笑)。でも普段は本当にひどい。直したくて1年くらい前にペン習字を申し込んだので、家に教材があります」

白石「今どれくらい進んでるんですか?」

鈴木「たぶん5ページくらい……」

白石「それ、もうやらないやつですよ! (笑)」

鈴木「やるよ! (笑)。でも、教材を見て、文字って本当はこんな形なんだ~ってビックリすることが多かったんですよ。目からウロコでした」

白石「僕も最近、ちょこちょこ筆ペンを使う機会があるんです。独特な字にはなりますけど、勝負しますか? (笑)」

鈴木「なんでもう勝った顔になってるんだよ! (笑)」

最終更新:10/14(金) 7:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。