ここから本文です

問題続出で揺れる豊洲、築地の声「いまさら取材かよ」「どっちでもいい」

週刊女性PRIME 10/14(金) 17:03配信

 盛り土はなかった。それはよくわかった。いつ、誰が、どこで仕様変更を決めたのか、真相究明する必要はあるだろう。でも、それよりもまず、市場をどうするのか見通しを示してほしい。問題続出で揺れる豊洲、築地の声を聞いた──

移転延期を決めた理由

「私は環境大臣のころから、また知事選の期間中から、豊洲市場の安全性や使い勝手などについて懸念があるとの声を聞いてまいりました」

 光沢のあるダークグリーンのスーツを着た小池百合子都知事(64)は4日、都議会自民党の代表質問に答える中で“疑惑のきっかけ”についてそう述べた。最近見せなかった勝負服の緑色をここで着るのが小池知事らしいところ。

 安全性への懸念。巨額で不透明な移転費用の増加。情報公開の不足。この3つの疑問が解消されず、移転延期を決めたという。一方、最終的な移転の可否や見通しを示すことはなかった。

 いまや豊洲新市場をめぐる問題は広がるばかりだ。盛り土していなかった地下空間のナゾに始まり、地下水のモニタリングでは環境基準を超える汚染物質を検出。道路の下で水産仲卸売場棟と水産卸売場棟をつなぐ連絡通路の地盤には、高濃度のシアン化合物やベンゼンなどが残っていることも新たに判明した。

「いまさら取材かよ。昔から“豊洲はダメ”って騒いでいるのに」

「早く言っちゃえばいいんだよ。移転は中止するって」

 苛立ちを交えて話すのは、築地市場で水産仲卸業をする男性(66)だ。なにより、移転先の店舗面積が狭いのが気に入らないという。

「オレたちの仕事は、店先に鮮魚を詰めた発泡スチロールの箱をいくつも並べて、“いらっしゃい、いらっしゃい!”と手を叩いてお客さんを呼び込むんだ。豊洲の店舗は細長くて店先が狭いから、発泡スチロールの箱を1つしか置けない。“呼び込んどいて、これしかないの?”って怒られちゃうよ」と同男性。

 豊洲は手狭なため、大型冷蔵庫など複数の商売道具を処分するつもりでいた。移転の白紙撤回もありうると考えて処分を保留している。

 ほかにも、気に入らない点がある。

「仕事が終わる昼ごろには、同業者で酒とつまみを持ち寄って飲み始めるんだ。足が早い残りもののサンマの刺身とか、つまみにはサイコーだよ。でも、豊洲では仕事が終わったらすぐ帰らなくちゃいけない。門が閉まっちゃうんだって。ささやかな楽しみも奪われちゃう」(66歳男性)

 水産加工会社で働く男性(26)は「できれば移転したくないですね」と話す。

「川崎方面に住む同僚は、新橋発午前6時のゆりかもめ始発でレインボーブリッジをぐるーっと遠回りして新市場に通勤することになる。5時半過ぎには仕事を始めるので早く出勤できる人でやるしかなくなります」(26歳男性)

 別の水産仲卸を営む男性(65)は「いまさら取材かよ。昔から“豊洲はダメ”って騒いでいるのにマスコミが取り上げてくれなかったんじゃないか」と恨み節をチクリ。

「理念のない市場をつくったのは東京都。都の職員を仲卸や荷受け、小揚げ会社などに2~3年出向させれば、どんな仕事をしているかわかったはず。やるべきことをやらなかったから、マグロも捌けないような間口で店舗をつくっちゃうんだよ」(65歳男性)

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 17:03

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ