ここから本文です

原田知世が北川悦吏子ドラマ主演で再評価 “時をかける”エイジレスな魅力とは

週刊女性PRIME 10/14(金) 11:00配信

 芸能生活35年を迎える原田知世。女優・歌手としてキャリア十分の原田を、脚本家の北川悦吏子は「この年齢で、この可愛さ、少女のような透明感! 嫌味がないのは奇跡」と称する。“時をかける”エイジレスな魅力とは──

20代から自分探しを始め、40代は実りの時期

「年を重ねることは悪いことではなく、その年齢にしかない自分らしさがあるので、いつも今がいちばん幸せだと思っています。体力には自信があって、気力があれば大丈夫と思っていましたが、最近、だんだん無理がきかなくなってきています(笑)」

 14歳のときに『時をかける少女』でスクリーンデビュー。『愛情物語』『天国にいちばん近い島』『私をスキーに連れてって』などヒット映画に主演。女優だけでなく、歌手としても活動し、芸能生活35年のキャリアを迎える原田知世。

「14歳でとても幸せなデビューをして、気がついたら、たくさんの作品に出演させていただいてきました。

 忙しさに追われるなか、20代から自分探しを始め、25歳からは大好きな音楽を本格的に始めました。そうして女優とは違う自分を見つめ直すことができ、等身大になれるようになり、それが実ってきたのが30代だと思います。ファンの方は私を丸ごと応援してくださる方ばかりだったのですが、女優の部分ではなく、音楽だけを聴いてくださる方も増えました。年下の方と交流する機会が増えたのも、このころからです。 

 40代は、実りの時期ですね。芝居と音楽の両方がうまくかみ合うようになって、心地よく走れるようになった感じがします。もうすぐ40代も終わりますが、充実していたな、と感じています。

 これから先? どうなるんでしょう。ゆっくり、楽しみながらいきたいですね。とくに“野望”はないですよ(笑)」

 年を重ねて、自身の恋愛観に変化は? 

「若いころの恋愛は、“あの人、素敵、タイプだわ”と、見た目に惹かれることが多いと思います。私もそうだったかも。今は恋に憧れた時代は過ぎ、人柄をいちばんに考えるようになりましたね。恋愛にも大切なのは、やっぱりハートだなと」

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 13:18

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。