ここから本文です

ハワイアン小鉢料理の簡単レシピ [おとなスタイル]

講談社 JOSEISHI.NET 10/14(金) 9:30配信

現地の食材で料理を楽しむ「おとなのハワイ」。ハワイでも人気のマグロ(Ahi・アヒ)、マウイオニオンを使った簡単レシピをご紹介します。飛田さん流の小鉢は、食べ方次第で何通りにも楽しめてオススメです!

マウイオニオン・マリネのドライ・アクのせ

作っておいたマウイオニオン・マリネに魚屋さんで購入した、干しガツオをのせただけの簡単おつまみ。ビールとどうぞ。

●材料と作り方
器にマウイオニオン ・ マリネ(P.59)を適量盛り、市販のドライ・アクをのせる。

“ドライ・アク”って何?
ドライ・アクとは、カツオに塩をふって干したもの。カツオのうまみと塩気が凝縮した、ハワイでは定番のおつまみ。お魚屋さんやファーマーズマーケット、ハワイアン・フードのレストランなどで販売しています。写真のドライ・アクは、干しエビ入りのものを使用。

アヒ・タルタル

Ahi(アヒ)とは、ハワイ語でマグロのこと。
近海でマグロがとれるハワイで、アヒは身近なもの。
おいしそうなマグロを見つけたらぜひ作ってみて。

●材料(作りやすい分量)
マグロ中おち…220g
しょうゆ…小さじ1強+少々
長ねぎ(東京ねぎ)、マイクロミックス…各適量

●作り方
1:マグロの中おちは軽く刻んでしょうゆ小さじ1強を加えて混ぜ、しばらくおく。
2:長ねぎは小口切りにする。
3: 1にしょうゆ少々をたらし、2を加えて混ぜる。
4: 器に盛り、マイクロミックスをのせる。

●食べ方
チップスにのせたり、パンにサンドしたり、ご飯にのせてアヒ丼にしても。そのまま食べても、もちろんおいしい。

※ 材料はすべてハワイ・オアフ島のスーパーマーケットやファーマーズマーケットで購入したサイズが目安になっています。



飛田和緒さん(ひだ かずを) 料理家。35万部を突破した著書『常備菜』が、今なお人気。季節に寄り添った作りやすいレシピも支持率高し。ご主人と娘さんとの3人暮らし。

『おとなスタイル』Vol.4 2016夏号より
(撮影/長野陽一)

最終更新:10/14(金) 9:30

講談社 JOSEISHI.NET

Yahoo!ニュースからのお知らせ