ここから本文です

マンUが低調なルーニーの来夏放出を検討? 移籍先候補にMLSと中国クラブが浮上

Football ZONE web 10/14(金) 8:21配信

レギュラーの座を失い放出の危機に直面 週給3800万円がネックか

 マンチェスター・ユナイテッドが不振の続くキャプテンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーを、今季限りで放出する可能性が高まっている。英地元紙「デイリー・ミラー」が、「マンチェスター・ユナイテッドは2600万ポンド(約33億円)のジレンマに直面し、来夏の排除を検討する」と報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 週給30万ポンド(約3800万円)というプレミアリーグ最高級のサラリーを手にするルーニーは、2017-18シーズン終了時点で契約満了となる。だが、イングランド代表とユナイテッドでキャプテンを務めながらも、レギュラーの座を失ったルーニーは不透明な未来に直面しているという。

 記事では「明確になってきていることはオールド・トラッフォードで彼の最後のシーズンになりそうだ、ということだ。デイビッド・モイーズとルイス・ファン・ハールは弱すぎてスタメンからルーニーをクビにすることができなかったが、新たなユナイテッドのボス、ジョゼ・モウリーニョにはそれをする勇気があった。そして、イングランドの暫定監督ギャレス・サウスゲイトも即座に続いた」と、厳しい論調でルーニーの苦境が紹介されている。

巨額の年俸を担保できるのは…

 12シーズンにわたってユナイテッドと代表でアンタッチャブルな存在だったルーニーは、今や放出の危機に立たされている。そして放出時の移籍先は、ルーニーの巨額年俸を担保できるアメリカMLSか中国リーグになるという。

 代表とクラブで通算724試合出場を果たしてきた英雄だが、パフォーマンスの劣化は周知の事実。擁護発言を続けながらもモウリーニョ監督にトドメを刺された格好のルーニーは、“赤い悪魔”から今季限りで去ることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/14(金) 8:21

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。