ここから本文です

スープジャーで幸せ届けるランチタイム【6レシピ】

エイ出版社 10/14(金) 15:20配信

スープジャーひとつでお弁当にもバリエーション

このスープジャー、まさに編集M宅で子どもたちのお弁当に愛用しているもの。学校には電子レンジがないので、このスープジャーで食べる温かい料理が何よりうれしいのだそうだ。スープジャーは、材料を切ってスープを入れるだけで、あとは勝手に保温調理してくれるのがメリット。手がこんで見えても、慣れたら大して時間はかからない。スープジャーひとつでお弁当にもバリエーションができるし、何より喜ばれること請け合い!

【1】サーモンとほうれん草のスープ

素材の味が引き出され、シンプルなコンソメスープも美味。

【材料】1人分
スモークサーモン 30g
ほうれん草 1/8束
玉ねぎ 1/8個
スープの素(顆りゅう粒、コンソメ味)小さじ1/2
熱湯 適量
【作り方】
1.スモークサーモンは2~3cm大に切る。ほうれん草は3cm長さに切り、玉ねぎは粗みじん切りにする。
2.スープジャーに1を入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして2分予熱し、中ぶたをあてて湯きりをする。
3.スープの素を加え、沸騰させた熱湯を内側のラインまで注ぎ、ふたをして3~5時間おく。

【2】野菜カレースープ

カレーうどんのような和風だしのきいたスープ。

【材料】1人分
じゃが芋 1/8個(20g)
にんじん 2cm
玉ねぎ 1/8個
ウインナソーセージ 1本
グリーンアスパラガス 1/2本
A《カレールウ15g 和風だし(顆りゅう粒)小さじ1/2》
熱湯 適量
【作り方】
1.じゃが芋、にんじんは3mm厚さのいちょう切りにし、玉ねぎは粗みじん切りにする。ウインナソーセージは5mm厚さの輪切りにする。アスパラガスは縦半分に切って4cm長さに切る。
2.スープジャーに1を入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして2分予熱し、中ぶたをあてて湯きりをする。
3.Aを加え、沸騰させた熱湯を内側のラインまで注ぎ、ふたをして3~5時間おく。食べるときによく混ぜる。

【3】じゃが芋とベーコンのスープ

腹持ちがいい一品。ベーコンの旨みと玉ねぎの甘味がしみ込んだじゃが芋が美味。

【材料】1人分
じゃが芋 1/4個(40g)
玉ねぎ 1/8個
ベーコン 1枚
ローズマリー 1枝
塩 小さじ1/4
粗びきこしょう(黒) 少々
熱湯 適量
【作り方】
1.じゃが芋は4mm厚さのいちょう切りにし、玉ねぎは粗みじん切りにする。ベーコンは5mm幅に切る。
2.スープジャーに1を入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして2分予熱し、中ぶたをあてて湯きりをする。
3.ローズマリーと塩、こしょうを加え、沸騰させた熱湯を内側のラインまで注ぎ、ふたをして3~5時間おく。ローズマリーを取り出していただく。

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 15:20

エイ出版社

なぜ今? 首相主導の働き方改革