ここから本文です

ドルトムント香川、クラブ公式ツイッターがヘルタ戦先発予想! ゲッツェと中央で出場の見込み

Football ZONE web 10/14(金) 9:00配信

開幕戦のマインツ戦以来、香川は6試合ぶりに先発する可能性が高まる

 ドルトムントの日本代表MF香川真司が、14日に行われるリーグ第7節のヘルタ・ベルリン戦で開幕戦以来6試合ぶりに先発出場を果たす可能性が高まっている。クラブ公式ツイッターがヘルタ戦に向けた予想スタメンを公開し、香川も名を連ねている。

 リーグ2位のヘルタと同3位のドルトムントによる上位直接対決となる一戦。今季はリーグ戦いまだ3試合しか出番のない香川だが、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで行われる大一番で8月27日に行われたマインツとの開幕戦(2-1)以来となる先発出場の可能性が浮上している。

 ドルトムントは現在、負傷者が続出している。右サイドバックのDFピスチェク、センターバックのDFソクラティスは代表戦で負傷し、欠場の見込みと。システムは4-1-4-1でGKビュルキは不動。4バックは右からパスラック、ギンター、バルトラ、シュメルツァーの並びとなりそうだ。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 中盤でも絶好調のMFカストロとゲレイロが離脱。FWシュールレやMFロイスといった主力も引き続き欠場となる。そのなかで、アンカーにMFバイグルが入り、2列目は左右のウイングにMFデンベレとMFプリシッチ、中央でMF香川とMFゲッツェがコンビという並びが予想される。ワントップはFWオーバメヤンが君臨する。

負傷者続出のなかチャンスをつかめるか

 今季の香川は8月22日のドイツ4部のアイントラハト・トリアー戦(3-0)で2得点を挙げる活躍を見せたが、その後は負傷と代表戦の長期移動などが重なり出番が激減。9月27日のUEFAチャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦(2-2)ではメンバー外となるなど、ポジション争いで完全に遅れを取っていた。負傷者続出のなかでチャンスを手にし、結果でアピールすることはできるだろうか。

 対するヘルタでは、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で3試合連続ゴールと波に乗る日本代表FW原口元気の7試合連続先発が予想されている。

 クラブ公式ツイッターによる予想スタメンは以下の通り。

GK
ビュルキ

DF
パスラック
ギンター
バルトラ
シュメルツァー

MF
バイグル
プリシッチ
ゲッツェ
香川
デンベレ

FW
オーバメヤン

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/14(金) 9:49

Football ZONE web