ここから本文です

サムスン公式、「耐・爆発」のスマホ郵送パッケージ

WIRED.jp 10/14(金) 10:11配信

発火の恐れがあるとして2度リコールされたスマートフォン「Galaxy Note 7」。全品回収が決定されたため、所有者たちは、この携帯端末を韓国のサムスンに送り返すことになった。
しかし、Galaxy Note 7を飛行機に持ち込むことはすでに禁止されている。英国の郵便サーヴィス(ロイヤルメール)も、すでに同端末の郵送の受付けを拒否している。
この問題に対しサムスンは、「Note 7 Return Kit」(Note 7返却キット)を用意した。開発者向けコミュニティサイト『XDA Developers』にも、そのひとつが届いたという。

【その公式返却キットの中身とは? 動画はこちら】

このキットには、特製「Recovery Box」(回収ボックス)が含まれている。これは、発火に対してある程度の保護を提供する、セラミック繊維の紙で裏打ちされたものだ。

このセラミック繊維製に関しては皮膚症状を示す人もいるかもしれない、とサムスンは警告しており、キットには手を保護するための手袋も入っている。端末を返送するための出荷ラベルも付属している。ボックスには、「端末の郵送は、消防署の消火ホースが届く範囲での陸路に限る」という注意書きが掲載されている。

PETER BRIGHT

最終更新:10/14(金) 10:11

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。