ここから本文です

【山のお土産コレクション】谷川岳で見つけたステキなお土産

エイ出版社 10/14(金) 15:30配信

この秋は紅葉の谷川岳へ!

山の総合情報サイト『Share the Mountain(シェア ザ マウンテン)』のスタッフが見つけた、「山に誘いたい、だれかにあげたくなるお土産」を紹介します。

今回歩いてきたのは、谷川岳です。日本百名山にも選ばれている名峰であり、標高は1,977m。クライミングをする人の中には、「一ノ倉沢の岩壁」をいつかは登りたい! と思っている人もいるのでは? 険しい山のイメージもある谷川岳ですが、ロープウェイもあり標高1,300mまでびゅんと上れてしまうため、じつは初心者でも楽しめる山なのです。天神尾根コースから山頂を目指すルートは、ブナの森、木道、尾根歩き、ちょっと頑張る岩場など、バリエーション豊かで達成感も抜群! 山頂からの景色は360度絶景で、尾瀬の至仏山、苗場山、浅間山、富士山などなど。日帰りでこんなに深い山の景色が楽しめるなんて贅沢です。訪れないと手に入れることのできないお土産を求めて、この秋は紅葉の谷川岳へ!

【1】山小屋、肩の小屋のオリジナルワッペン

歩いてこないと買うことのできないお土産・その1。山頂直下にある山小屋、肩の小屋オリジナルのワッペン(500円)。種類は2つ。バックパックに付けてオリジナル感を出してもいいし、普段使いしているトートバックなんかに付けてもかわいい!

【2】山小屋、肩の小屋オリジナルポーチ

歩いてこないと買うことのできないお土産・その2。肩の小屋オリジナルポーチ(小500円)。サイズは大中小の3つあり。小屋のご主人がネパールで仕入れてきたポーチに、一つひとつ刺繍をしているそう。飴などの行動食を入れてもよし、山のお財布にしてもよし。クッションみたいな生地。

【3】みなかみ町産とうがらしを使った柚子七味

谷川岳のある、みなかみ町産のとうがらしで作られた、柚子七味。現在、とうがらしが町であまり作られなくなってしまったという背景もあり、世の中にみなかみ町産とうがらしを残すため製造されているそう。パッケージもかわいく、山友へのお土産にぜひ選びたい一品! 辛旨一味と絶品七味もあり。

【4】みなかみ名物・生どら焼き

みなかみ町は生どら焼きが名物。ふんわり生地に小倉クリームがたっぷり。下山後のコーヒーと一緒にいただきたい! 「山の一福」というネーミングにぐっときた生どら焼きは、谷川岳ロープウェイ乗り場から車で5分くらいのところにある、谷川岳ドライブインでゲット。

【5】素朴な味がたまらない「はちみつドーナツ」

このミズバショウの絵が描かれた「はちみつドーナツ」。尾瀬にある長蔵小屋の売店でしか買えないと思っていましたが、ありました! 谷川岳ロープウェイの売店に。素朴な味のあんドーナツなのですが、尾瀬に行ったら行動食に絶対買ってしまう。谷川岳でもぜひ。


(ランドネ編集部)

最終更新:10/14(金) 15:30

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ