ここから本文です

“叩き芸”の嫌中本とは一線を画す「中国本」

Book Bang 10/14(金) 8:01配信

 傍若無人で迷惑至極な隣人に対抗するには、まず相手の来し方、人となりをつかんでから―と、手に取った一冊だったのに、予想は大きく裏切られました。

 安手の中国叩き芸で読者の溜飲と知的水準を下げる嫌中本ではなく、『中国の論理 歴史から解き明かす』という題名どおりの仕事を、政治臭のしない研究者(岡本隆司)がやってくれる点は、いや、期待に相違なし。

 その分、どこかで眠くなるお勉強新書かもという覚悟もあったのだけれど、実際には一気通読。長すぎ広すぎる中国史を簡潔に、わかりやすく、しかも面白く、深く、そして偏らずに語られるなんて体験、中国好きでもないかぎり、なかなかできるもんじゃない。

 もうひとつ、望外の拾い物だったのは、困ったアノ国について蒙を啓(ひら)かれてるはずなのに、困ったコノ国について思い至る点がいくつも出てくること。

 敗戦後にアメリカを、維新後にヨーロッパを見本に仕立てたニッポンは、それ以前には長らく中国を手本にしてきたわけですが、そのやり方もテキトーなイイトコ取り。しかも、君と臣、長と幼、士と庶(民)その他いろいろの儒教の縛りを、上が下を押さえつける構図の維持に現在ただ今もなお、利用し続けてる。

“上級国民”には刑罰無用と『礼記』にあるのは、罪を犯せば自らを裁くというノブレス・オブリージュが前提。エラい人全般の罪に大甘なままじゃ、『日本の論理』なんて良書が中国で出かねませんぜ。

[レビュアー] 林操(コラムニスト)
※「週刊新潮」2016年9月29日号掲載

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:10/14(金) 8:01

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。