ここから本文です

ピケ、現役引退後の目標は”バルサ会長”と明言「情熱を注いできたクラブのために」

フットボールチャンネル 10/14(金) 8:20配信

 バルセロナに所属する29歳のスペイン代表DFジェラール・ピケが、自身の将来について語った。13日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 先日、ピケは代表ユニフォームの“袖“を巡る騒動により2018年ロシアW杯を最後に代表引退することを表明していた。ただ、長年育ったスペインを離れる気持ちはなく、現役引退後はバルセロナの会長として留まることを目指しているようだ。

 将来についてピケは「僕は監督として自分自身を見たことがない」とし、「情熱を注いできたものだから、僕は会長としてこのクラブのために尽くすだろう。僕の次のステップはバルセロナの会長になることなんだ」と語り、監督ではなくバルセロナの会長を目標にしていることを明かした。

フットボールチャンネル

最終更新:10/14(金) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。