ここから本文です

フランス、オランダ下しグループ首位に。ガメイロとグリーズマン、アトレティココンビの躍動

フットボールチャンネル 10/14(金) 10:20配信

 2018ロシアW杯欧州予選の初戦でベラルーシと引き分けたフランス代表。10月の2試合で連勝し、グループ首位に躍り出た。EURO2016で最優秀選手に輝いたアントワーヌ・グリーズマンが引っ張る攻撃陣に、アトレティコの同僚、ケビン・ガメイロが加わり、新生レ・ブルーはその破壊力を見せはじめた。(取材・文:小川由紀子【パリ】)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

最前線の新コンビ。グリーズマンとガメイロ

 10月のW杯予選、フランスはブルガリアに4-1で快勝、アウェイでのオランダ戦でも1-0で勝利し、スウェーデンと並んでグループAの首位に立った。初戦はベラルーシに0-0のゴールレスドローだった彼らにとっては、チームの自信回復につながる貴重な2連戦だった。

 この2試合での注目は、攻撃陣の新コンビ誕生だ。ここ最近レギュラーに定着していたオリビエ・ジルーが負傷中で、今夏セビージャからアトレティコ・マドリーに移籍したケビン・ガメイロが呼ばれると、クラブでもともにプレーするアントワーヌ・グリーズマンとコンビを組んでプレーした。

 2011年11月を最後に代表から遠ざかっていたガメイロは、セビージャでの活躍が評価されて、夏のEUROではメンバー候補にも浮上した。しかし最終的にデシャン監督は、バイエルンのコマンやマンチェスター・ユナイテッドのマルシャルら若手を選択、自国開催の大会でピッチを踏むことはかなわなかった。

 しかし次のW杯に向けての今予選では初戦のベラルーシ戦からメンバー入りし、この試合で試合終了直前の83分にジルーと交代して代表復帰を果たすと、ブルガリアとオランダ戦では先発でプレー。ブルガリア戦では、ダイビングヘッドでの先制点に続き、グリーズマンのクロスを押し込んで4点目をマーク、相棒のグリーズマンも1得点と2人で計3点を挙げた。

 次のオランダ戦は両者とも不発で、フランス代表の得点は決勝点になったポグバのミドルシュート1本にとどまったが、デシャン監督もブルガリア戦の後、「2人のコンビは非常によく機能していた」と手応えを口にしたように、クラブでもともにプレーする2人のコンビネーションには可能性が感じられる。

1/3ページ

最終更新:10/14(金) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。