ここから本文です

「ペップがイングランドを変える!」 愛弟子シャビが恩師による“母国改革”を断言

Football ZONE web 10/14(金) 12:10配信

バルサ時代にペップの下で14個のタイトルを獲得 マンCでも貫く“ペップ流”を絶賛

 元バルセロナで現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスは、マンチェスター・シティのペップことジョゼップ・グアルディオラ監督がイングランドのフットボール界に変革をもたらす存在だと、その手腕を絶賛している。英公共放送「BBC」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 バルセロナ時代にペップの下でプレーし、4年間で14個のタイトルを獲得した司令塔は、「もしイングランド人や、イングランドフットボールのメンタリティーを変えることができる人間がいるとすれば、それはペップ・グアルディオラだ」と断言。希代の名将はプレミアリーグ、そしてイングランドフットボール界全体に大きな影響を及ぼす存在だと絶賛している。

 今季からマンチェスター・シティを率いるグアルディオラは公式戦12試合を戦い、リーグ開幕6連勝を含む公式戦10勝1分1敗という成績を残している。シャビは「彼は世界最高の監督の一人。彼は大きな改革をすることができるだろう」との期待を語った。

 巨額のTV放映権料などで潤うプレミアムリーグだが、近年は欧州での存在感がやや薄まっている。UEFAチャンピオンズリーグでの優勝は過去10年間を遡っても、2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドと、11-12シーズンのチェルシーの2クラブのみ。直近5シーズンに目を向ければ、スペイン勢や躍進するドイツ勢に押され気味となっている。

近年低迷するイングランドを救う存在に?

 シャビはイングランド代表も長くタイトル獲得から遠ざかるなど、国際競争力を失っているフットボールの母国全体の復興に、グアルディオラ監督が及ぼす影響は大きいと考えているようだ。

「私たちはバルセロナで歴史を作った。バルセロナは常に最高の監督を抱えていたが、グアルディオラは改革を行い、バルセロナだけでなく世界中に影響を与えた」

 バルセロナのポゼッションサッカーが欧州を席巻すると、世界の多くの国やクラブが“バルセロナ流パスサッカー”を踏襲し変革に取り組むなど、フットボール界に流行を生み出した。愛弟子シャビは、イングランドで再びペップ旋風が巻き起こることを予言している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/14(金) 12:10

Football ZONE web