ここから本文です

海外セレブの婚約指輪、 最も高いリングをもらったのは一体誰だ!? [with]

講談社 JOSEISHI.NET 10/14(金) 20:00配信

先日お伝えしたミランダ・カーの婚約指輪のニュースでは、エヴァン・スピーゲルが資産1800億円以上稼ぐスナップチャット社CEOの割には、推定約560万円という意外と堅実な値段のリングをミランダに贈ったことが話題になっていたわよね。じゃあハリウッドスターって一体いくらぐらいする婚約指輪をもらっているのか、ちょっと気にならない?そんなワケで今回は、今まで高額なエンゲージメントリングを贈られたセレブを紹介しちゃう!

まずは長年独身貴族だったジョージ・クルーニーを射止めた、アマル・クルーニー。ジョージがプロポーズのときに彼女に贈ったのは、推定約6500万円する、7カラットのエメラルドカットのダイヤリング。ジョージは自宅でディナーを作って、この日のために選んだプレイリストの音楽を流しながら、最高にロマンティックなプロポーズをしたらしいわよ。うらやまし!

なんと35カラットという超ビッグなダイヤをもらったのは、最近オーストラリアの大富豪ジェームズ・パッカーと婚約したマライヤ・キャリー。お値段は推定約7億から10億円。豪邸が買えちゃう金額は、ちょっとケタ違いよね……。

先日離婚を発表して世間を驚かせたアンジーがブラピからもらったのは、16カラットのダイヤでお値段推定約5千万円。離婚成立したら、このリングはどうなっちゃうのかしら。質屋に入れたりしたら、「ブランジェリーナの婚約指輪」として、逆にプレミアがついて高額で売られそうな気がするけど……。

そして子育てにお金をかけることで知られるパワーカップル、ビヨンセとJay-Zの選んだエンゲージリングは、推定約5億円の18カラットのダイヤ。

ちなみにアメリカ人が婚約指輪にかける平均金額は約55万円だそう。でも大事なのはダイヤの値段じゃなくて、愛情だってこと。だってどんなに高価なリングをもらっても、アンジーの愛情が冷めるのを、ブラピは止められなかったじゃない……?

文:さかいもゆる

最終更新:10/14(金) 20:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。