ここから本文です

IKEA、カフェテリアをタダで占領するお見合い老人客を出入り禁止に

女性自身 10/14(金) 19:19配信

中国・上海にあるIKEAのカフェテリアには、他国のそれとは少々違う風景が広がっている。毎週火曜から木曜の午後は、出会いを求める年配の人々が大挙して押し寄せるのだ。しかも飲み物すらオーダーせずに席だけ占領し、パートナーを求めてひたすらお喋りに興じるという。この状況に業を煮やしたIKEAは、飲食物のオーダーをしない客の利用を禁じることを決定した。

IKEA上海店のカフェテリアはいつの頃からか、離婚した人や伴侶に先立たれた人が新たなパートナーを探すためのサロンとして利用されるようになった。700席を超える店内はそんな高齢者で溢れ返り、食事をするために来た客が近寄れないほど混雑していたという。飲食物を持ち込み、長時間に渡り大声で喋りまくる高齢者の横暴には、日頃から「何も頼んでいないのに席を占領してよいのか」との苦情が絶えず、IKEAがついに「No Food, No Seat」のルールを定めたのだ。

China Dailyの取材に対し、ある引退した工場労働者は「出会いを求めるためにここへ集まっているのは事実です。でもトラブルのタネだと思われるのはいやですね。これまでにマクドナルドやケンタッキーフライドチキンにも行っていたんです。でもそこは若い人たちが多くて我々は疎外感を覚えていた。上海で高齢者が集まれる他の場所があるなら、ちゃんとお金も払うしもっと遠くまで行ったっていいですよ」とコメント。

新ルール発効後も出会いを求める高齢者はやはりIKEAに集まっているという。カフェテリアのメニューでもっとも安い4元(約60円)のクロワッサンを一つずつ買って。

最終更新:10/14(金) 19:19

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。