ここから本文です

眉毛メイクのお悩み解決!「薄眉をカバーしようとすると、くっきり男らしい眉になってしまう」 [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 10/14(金) 22:00配信

理想の眉毛、描けていますか? 美容通のVOCEST!たちでも、納得のいく眉メイクができている人って少ないんです。お悩みを解決すべく、美眉アドバイザー 玉村麻衣子さんに教えてもらいました!

薄い眉毛の反動で男っぽすぎる凛々しい眉に

眉毛が薄いことに悩んでいる志摩さんは、その反動でくっきり眉に。「薄眉を濃くしたいので、黒のペンシルを使ってしっかりと描いています」

形はキレイなので柔らかさをプラスして!

ハッキリ強すぎる眉はダークブラウンで改善。

「男らしい眉の原因は黒いペンシルで仕上げているところ。眉色は髪の毛よりもワントーン明るい色を使うと◎。また角度はつけずに平行気味に描くと柔らかさも増しますよ」

HOW TO

1:目頭から目尻までを結んだ直線を目安にして、床と平行になるように眉のアウトラインをダークブラウンのペンシルで描いていく。

2:さらにワントーン明るく見せるため、アイブロウマスカラを眉毛にオン。

教えてくれたのは

美眉アドバイザー 玉村麻衣子さん
アイブロウの技術者資格『Browtist』を取得した、眉のプロフェッショナル。骨格や筋肉に基づいた眉デザインの提案や、眉のお悩み解決、ファッションに合わせた眉メイク法などをメディアやセミナーを通じて紹介。

(撮影:金 栄珠)

最終更新:10/14(金) 22:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。