ここから本文です

王様イブラ、息子2人がマンUアカデミーに入団。ルーニー&キャリック息子と同期に

フットボールチャンネル 10/14(金) 12:10配信

 マンチェスター・ユナイテッドに所属する35歳の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの息子2人が同クラブのアカデミーに入団したようだ。13日に英紙『ザ・サン』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 同紙によると、10歳のマキシミリアン君と8歳のビンセント君がユナイテッドのアカデミーに加入したとのこと。父親のイブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)に在籍していた時は、息子2人もPSGの下部組織でプレーしていた。先日、ウェイン・ルーニーの息子カイ君(6歳)とマイケル・キャリックの息子もユナイテッドのアカデミーに入団しており、それに続く入団となる。

 イブラヒモビッチは今季ユナイテッドに移籍。現在までにリーグ戦7試合に出場し4得点を記録している。将来的に父親の背中を追って息子2人もトップチームまでのぼりつめてくるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:10/14(金) 12:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。