ここから本文です

4戦16得点と破壊力を見せるリトルなでしこ イングランドに快勝し、U-17女子W杯4強進出!

Football ZONE web 10/14(金) 16:39配信

序盤から試合を優位に進めて快勝 植木が豪快弾で2ゴール

 リトルなでしこの愛称を持つU-17日本女子代表が、ヨルダンで開催されているU-17女子ワールドカップ準々決勝で、現地時間13日にU-17イングランド女子代表と対戦し、3-0と快勝。準決勝進出を決めた。

 グループリーグを3戦全勝で突破した日本は、その勢いを試合開始早々に見せた。前半3分、右サイドからMF宝田沙織(C大阪)が中央に入れたボールをMF菅野奏音(日テレ)がシュートすると、こぼれ球にFW遠藤純(JFAアカデミー)が反応してゴール。いきなりの先制点で1-0とリードを奪った。

 さらに攻撃の手を緩めないリトルなでしこは、前半終了間際にFW植木理子(日テレ)がスルーパスに抜け出すと、ゴール前左サイドから右足を振り抜いて豪快に相手GKのニアサイドを破り追加点。リードを2-0に広げてハーフタイムに入った。

 後半に入ってもイングランドに主導権を渡さなかった日本は、MF宮澤ひなた(星槎国際高湘南)のシュートがクロスバーを直撃するなど、なかなかゴールを奪えず。イングランドの反撃を受けたが、GK田中桃子(日テレ)のファインセーブもあり無失点でゲームを進めた。

連覇へあと2勝 準決勝はスペインと対戦

 すると後半35分、カウンターから自陣左サイドでボールを受けた植木が、そのまま50メートル近くをドリブルで持ち上がり、ゴール前正面約20メートルからゴール右上に強烈なミドルシュートを決め、3-0として勝負あり。危なげない試合運びで勝利してベスト4入りを決めた。

 前回の2014年コスタリカ大会に続く史上初の連覇を目指すリトルなでしこは、これで準々決勝までの4試合で16得点2失点と盤石の強さを見せている。現地時間17日の準決勝では、ドイツを2-1で破って勝ち上がったスペインと対戦する。また、もう一方の準決勝はベネズエラと北朝鮮によって争われる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/14(金) 16:39

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。