ここから本文です

FIFA会長、40~48チームへのW杯拡大へ好感触。結論は来年1月に

フットボールチャンネル 10/14(金) 16:00配信

 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、W杯出場国数の40チームあるいは48チームへの拡大に向けて好感触を得ている様子だ。13日付の英メディア『ESPN FC』などが伝えている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 今年FIFA会長に当選した際には、インファンティーノ会長はW杯の出場チーム数を現行の32チームから40チームに拡大することをマニフェストに掲げていた。だが今月には、さらに規模を拡大し、48チームが戦う大会とする計画があることも明かされていた。

 現地時間13日にチューリッヒで開かれたFIFAの会合では、W杯拡大案について前向きな議論が行われたようだ。「全体的な感触は、拡大に向けてポジティブなものだ。非常に良い議論を行うことができた。より多くの国にW杯予選突破のチャンスを与えることは、サッカーの発展のためになるという感触がある」とインファンティーノ会長は述べている。

「チームが大会に出場すれば、国全体がサッカーに熱狂する。より多くの若者がプレーしたいと思うようになり、企業もスポンサーシップへの意欲を見せる」とインファンティーノ会長は出場枠拡大により期待される効果を強調。さらなる分析を重ねて決定を下す必要があるとしながらも、「我々は40あるいは48チームの形に集中している」と拡大実現への意欲を見せた。

 ロシアで開催される2018年大会、カタールで開催される2022年大会は、現行の32チームで大会が行われることがすでに決定済み。2026年大会以降に出場枠を拡大するかどうかについては、来年1月の次回会合で決定が下される見通しとなっている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/14(金) 16:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。