ここから本文です

バッカ獲得には…「誘拐しかなかった」 サポーターから批判浴びるウェストハム会長が嘆き節

Football ZONE web 10/14(金) 22:00配信

怒るウェストハムサポーターがツイッターでクラブ会長に直撃

 ACミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカは今季開幕前に移籍が確実視されていた。ミランも補強費捻出のため放出に前向きで、プレミアリーグのウェストハムに3000万ユーロ(約34億円)の移籍でクラブ間合意に達していた。しかし、バッカは最終的に移籍せず、残留を決断している。

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 昨季7位と躍進し、今季からロンドンオリンピックスタジアムを本拠地とするウェストハムは今季、2部降格圏の18位と低迷。UEFAヨーロッパリーグでもプレーオフでルーマニアの伏兵アストラに敗れ、本戦への出場権を逃していた。

 怒るウェストハムサポーターは、デビッド・ゴールド会長にツイッターで今オフの補強について直撃したが、バッカ獲得には犯罪に手を染めるしか術がなかったことを告白している。

「こんなにたくさんの二流選手と何で契約したのか、是非知りたい。巨大な新スタジアムに投資が伴わなければ、降格しかない」

 そうした批判に対してゴールド会長は、「君のために情報を。我々はプレミアリーグ8位の補強費用を投じている。そして、我々はアイェウ獲得でクラブの移籍金記録を更新した」と反論。補強に十分な資金を投じたという主張どおり、スウォンジーで昨季12ゴールを挙げたガーナ代表FWアンドレ・アイェウを2050万ポンド(26億円)で獲得したが、ここまで目立った活躍は見られない。

「それはもちろん犯罪行為だが…」と告白

「バッカを獲得できていれば……」の声に対しては、「バッカは、愛やお金の面でもこなかっただろう。それ以外の選択肢は誘拐だった。それはもちろん犯罪行為だが……」と告白した。

 アーセナルとアトレチコ・マドリードからのオファーを待っていたと報じられたバッカにとって、ウェストハム移籍は全く乗り気ではなかったようだ。「誘拐しかない」と会長が嘆いたほど、ウェストハムのブランド力がまだ低かったということだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/14(金) 22:03

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。