ここから本文です

クロップ、イングランドで”初タイトル”。9月の月間最優秀監督賞を受賞

フットボールチャンネル 10/14(金) 20:32配信

 イングランド・プレミアリーグは14日、リバプールのユルゲン・クロップ監督が9月のプレミアリーグ月間最優秀監督に選出されたことを発表した。

【動画】パイエの独走シュートを見逃すな。プレミアのスーパーゴール集

 クロップ監督の率いるリバプールは、9月に行われた3試合に全勝。レスター・シティに4-1、チェルシーに2-1と強敵を続けて粉砕し、ハル・シティからも大量点を奪って5-1で快勝した。10月に入ってから行われたスウォンジー・シティ戦にも勝って4連勝としたリバプールは、首位マンチェスター・シティとわずか2ポイント差の4位に浮上している。

 昨年10月からリバプールを率いているクロップ監督は、自身初の月間最優秀監督賞受賞。1993年に創設されたこの賞をドイツ人監督が受賞するのも史上初となった。

「個人賞は必要なわけではないが、貰うことができたのは嬉しいね。我々は順調な道を進んでいるが、このリーグには良いチームがたくさんあって、難しい試合がたくさんある。それに備えていかなければならない」とクロップ監督は受賞を喜びつつ、今後の戦いに向けて気を引き締めている。

 9月の月間最優秀監督賞にはクロップ監督のほかに、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督、クリスタル・パレスのアラン・パーデュー監督、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がノミネートされていた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/14(金) 20:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。