ここから本文です

「バロテッリはバロンドールを獲れる」。ニース指揮官、新エースの代表復帰も推薦

フットボールチャンネル 10/14(金) 21:10配信

 リーグアンのニースを率いるルシアン・ファブレ監督は、同チームで好調をキープしている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが将来バロンドールを受賞できると考えているようだ。13日に仏メディア『ル・10スポーツ』のインタビューで語っている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 今夏にニースに加入したバロテッリは、今季公式戦初出場となったマルセイユ戦で決めた2得点を皮切りに公式戦5試合で6得点をマーク。同選手はチームをリーグアンの首位に立たせる原動力となっており、本来の調子を戻しつつある。

 バロテッリは以前にバロンドールを獲りたいと自身の夢を告げていたが、ファブレ監督はその実現が可能だと考えているようだ。同監督は、「マリオはチームに上手く溶け込みつつあるね。まだハードワークをしなければならないけれど、彼が加わったことでチームは自信を得た」と同選手の加入がチームに良い影響を与えていることを主張。

 そして、「彼はゴールを決め、楽しみ、そして皆を楽しませている。彼がバロンドールを獲れると言ったのであれば、それは正しい」とこの調子をキープすれば、バロテッリは将来バロンドールを受賞できるだろうと語った。

 バロテッリの夢は、バロンドールだけではなく代表チームへの復帰もそうだ。ファブレ監督はそのことについて、「代表チームには彼のような桁外れの選手が欠けている」とバロテッリの代表復帰を推す発言をしている。

 次節にホームへリヨンを迎えるニース。前節に2枚のイエローカードをもらっていたバロテッリは、フランスプロリーグ協会の規律委員会によって2枚目のイエローカードが取り消されたためにこの試合への出場が可能となっている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/14(金) 21:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。