ここから本文です

リリー・フランキー「伊藤さんと自分は重なりました」 『お父さんと伊藤さん』新場面写真公開

リアルサウンド 10/14(金) 19:27配信

 現在公開中の『お父さんと伊藤さん』より、リリー・フランキーの新たな場面写真が公開された。

 本作は、中澤日菜子による同名小説を『ふがいない僕は空を見た』『ロマンス』のタナダユキ監督が映画化したもの。34歳の彩、54歳の彩の彼氏・伊藤さん、74歳の彩のお父さんが共同生活を送る模様を描く。主人公の彩を上野樹里、給食センターに勤める伊藤さんをリリー・フランキー、頑固な元教師のお父さんを藤竜也がそれぞれ演じる。

 このたび公開されたのは、リリー・フランキー演じる伊藤さんの場面写真。伊藤さんは、34歳の彩とは結婚せずに、家事分担しながら同棲暮らし。彩のために朝ごはんを用意し、家庭菜園の世話もこまめにやるという役柄だ。彩のお父さんと同棲することになっても、文句ひとつ言わずに、絶妙な距離を保ちながら生活を送る。

 メガホンを取ったタナダ監督は、伊藤さんについて、「必要なときに彩に手を差し伸べるけど、ここは自分で考えなきゃダメだよっていうところは、手を差し伸べない。その見極め具合が絶妙で、そういう伊藤さんと付き合える人だから、彩は、たとえ立ち止まることがあっても、自分で解決すべき問題が何なのかも分かっている。本当に魅力的な二人です」とその魅力を語っている。

 一方、伊藤さんを演じたリリー・フランキーは、「俺は年の離れた女性と付き合うこともありますが、今回伊藤さんを演じてみて“あ、今まで俺はこんな風に思われていたんだ”って気づきましたね。だから、伊藤さんと自分は重なりました」と、自身と伊藤さんの共通する部分についてコメントしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/14(金) 19:27

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。