ここから本文です

「切らない美容室」を年商100億円に育てた女性起業家

Forbes JAPAN 10/14(金) 14:00配信

ベテラン美容師のアリ・ウェブが、カリフォルニア州の高級住宅街ブレントウッドにブロー専門の美容室Drybar第1号店を開いたのは2010年のこと。それから6年、「カットなし、カラーなし、ブローのみ」のキャッチコピーとともに、Drybarは全米とカナダに65店舗を構える巨大チェーンに急成長した。2012年の時点で2,000ドル(約20億円)だった年商は、昨年は7,000ドル(約70億円)、今年は1億ドル(約100億円)に達する見込みだ。



ウェブはニューヨークのトップサロンでキャリアを積んだ後にカリフォルニアに移住。専業主婦を経て、2010年までは出張ヘアスタイリストとして顧客の家々を回っていた。

「1日に数時間、子育てから解放されたくてやっていたようなもの。多少は家計の足しになればという程度だった」と、ウェブは当時を振り返る。ところが1回40ドルのブローは本人の予想以上に評判を呼び、クライアントが激増。一人でさばき切れなくなったウェブは、兄が出資した250,000ドル(約2,500万円)と夫婦の預金を元手にサロンを開店した。

「私の祖母の世代の女性は、週に一度サロンに行ってセットしてもらい、自宅では髪に触らなかった。今はなくなってしまったその習慣を現代風にアレンジしたのがDrybarだと言えます」とウェブは言う。ウェブによると、美容師の多くはカットやカラーに比べて単価の低いブローに時間をかけることを非効率的だと考えがちだ。しかしウェブはニューヨークのサロンで働いていた頃から、ブローで顧客を美しく見せるプロセスに一番のやりがいを感じていた。

45分45ドルで全米に急拡大

Drybarはファミリービジネスとしてスタートした。ヤフーのマーケティング職に就いていた兄のマイケル・ランドーが初代CEOを務め、広告業界出身の夫キャメロン・ウェブが店舗やオリジナルヘアケア用品のデザインを担当。イメージカラーには、女性向けサービスで多用されるピンクなどは使わず、イエローとグレーを基調とした。

Drybarが8店舗目を迎える頃、ウェブは家族経営の限界に気づいたという。そこで株式を発行して投資者を募り、ボストンに拠点を置くCastanea Partnersから2012年に1,600万ドル(約16億円)、2014年に2,000万ドル(約20億円)を調達した。また、新CEOにネイル大手OPIの元社長ジョン・ヘフナー、リテール部門のトップに元アップルのデニエル・ブルーノを迎えるなど、人事も一新した。

「事業を拡大する上で、私たちには助けが必要だった。私には起業家としてのビジョンはありますが、次々に新店舗を出し、何千人もの従業員を雇い、無数の顧客と向き合う業務を同時にこなすことは不可能です」

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 14:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント