ここから本文です

【日本代表】「攻撃の筋道が見えなかった」。解答を示せなかった香川に居場所はあるのか

SOCCER DIGEST Web 10/14(金) 6:00配信

違いを生み出す10番の活躍を期待し、指揮官は最後までベンチに下げなかった。

 6月のキリンカップのブルガリア戦から、少なくとも日本代表での香川真司は、深い闇の中を彷徨っている。
 
 この試合で負傷退場した香川は、同大会のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で出番はなし。最終予選の9月シリーズ(UAE戦、タイ戦)ではアタッカー陣で唯一、2試合ともフル出場したが、目に見える結果を残せなかった。
 
 そして10月シリーズの一発目、イラク戦ではついにスタメン落ち。清武弘嗣にトップ下の座を明け渡した。それでも、続くオーストラリア戦では先発に復帰し、90分間、ピッチに立ち続けたが、シュート1本すら打てなかった。
 
 オーストラリア戦はチームとして超守備的な戦いを強いられた。トップ下の香川はディフェンスに忙殺されて、ラインも下がり、「そこから押し上げていくには、前線との距離もあった」と苦悩を語る。
 
 守備的な戦術の中で、守備をするのは当たり前だ。精力的なプレスバックは、たしかにチームを何度も助けていた。問題は、そこから攻撃面でどう“違い”を作り出すか。攻撃のタクトを振るうべき自分が、ゴールを奪うためにどう活路を見出していくかだ。香川ほどの実力者だからこそ託せる難問であり、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も期待していたはずだ。
 
 その証拠に、指揮官は10番をベンチに下げなかった。香川自身、「90分をやり終えて改めて感じたというか、途中交代はまったく考えていなかったし、この試合に関しては割り切ってやるしかない」と腹をくくっていた。
 
 ただ、81分に小林悠の負傷で清武を右ウイングで投入せざるを得ない事情はあったにせよ、その前に交代を命じられてもおかしくはなかった。それほど香川のパフォーマンスは冴えなかったが、ハリルホジッチ監督は我慢強く待った。しかし、答えは提示されなかった。
 
 当の本人は「(原口)元気や(浅野)拓磨であったり、サイドを中心にカウンターの起点を作る以外、なかなか攻撃の筋道が見えなかった。大きな課題」という。
 
 これが、今の香川である。攻撃を繰り出すには難しいシチュエーションでも、糸口をひねり出すのがトップ下の仕事のはずだ。しかし、彼には“筋道が見えなかった”。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。