ここから本文です

【浦和】肋骨骨折の主将・阿部が“復活”を宣言。 「ここにいるということは大丈夫」

SOCCER DIGEST Web 10/14(金) 14:34配信

「この間の試合は過去のこと。大事なのは明日どう戦うか」。浦和で初の国内主要タイトル獲得なるか。

 [YBCルヴァンカップ決勝]
浦和レッズ - ガンバ大阪
2016年10月15日/埼玉スタジアム2002

【ルヴァン杯決勝スタメン予想】G大阪×浦和│前日練習休んだ興梠は問題なし? 長沢はスーパーサブ?

 ルヴァンカップ前日記者会見が14日に埼玉スタジアムで行なわれ、浦和の主将、阿部勇樹が登場。このほど肋骨骨折が明らかになった自身の状態について質問されると、「ここにいるということは大丈夫」と説明した。

 10月1日の第2ステージ14節のリーグ戦・G大阪戦で、遠藤保仁のスパイクが入った際、左わき腹を痛めた。阿部は痛みを感じつつも、その試合と5日のルヴァンカップ準決勝・FC東京戦の第1戦にフル出場。

 その後、スタッフに促されて検査を受けた結果、肋骨にヒビが入っていたことが判明した。ただ9日の準決勝・FC東京戦の第2戦にはベンチ入りし、ピッチに立つ準備。プレーできる状態ではあった。

 その後は様子を見て、全体メニューからは外れていた。ただ決勝前日の14日、阿部は主力組に入って紅白戦など全メニューを消化。コンディションは上がってきている様子だ。

 記者会見でリーグ戦で4-0の勝利を収めていることいついて聞かれた阿部は、次のように語った。

「この間の試合は過去のこと。大事なのは明日どう戦うか。相手をリスペクトして戦うが、まず自分たちがどれだけしっかりやれるかが大切。力を出し切れば、結果は自ずとついてくると思う」

 浦和在籍は通算9年目になる。ただ阿部が浦和で獲得したビッグタイトルは、07年のACLのみ。そしてペトロヴィッチ監督就任から5年間、キャプテンを務めてきただけに、「優勝=タイトル」への想いはやはり強い。
 
「ここ埼玉スタジアムで、しかもガンバ大阪という素晴らしいチームとやれるので、自分たちの良さ、やってきたことを明日ピッチの上でしっかり出して戦いたい」



 
 そして、彼は誓った。
 
「相手がどこだろうと、勝ちにいくだけです」
 
 浦和のキャプテンとして初の国内タイトル獲得へ――阿部が静かに燃えている。

 取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:10/15(土) 11:49

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。