ここから本文です

【10月シリーズ総括】豪州戦で露呈した“守り切れない、突き放せない”現実

SOCCER DIGEST Web 10/14(金) 17:00配信

今のハリルジャパンは攻撃も守備も中途半端だ。

 1-1で引き分けに終わったオーストラリア戦は、“超”がつくほど守備的に戦った結果だった。
 
 自陣でしっかりとブロックを組んで、相手を迎え撃ち、カウンターに活路を見出す。能動的ではなく、受け身のディフェンス。トップ下の位置で精力的に相手のボールを追いかけた香川真司は、「積極的な守備という意味で、どこから限定させて、連動してチームが前に行けるかという点で、今日はたぶん、前線からプレスに行ったシーンは本当に数えるぐらいだと思います」と振り返る。
 
 確実につなぎながら時間を作るような場面も少なかった。ポゼッションに頼らず、奪ったボールはなるべく速く縦に運んで、ゴールを狙う。
 
 かつてはロングボールを多用していたが、ここ最近はパスワークを軸に組み立てようとするオーストラリアとは、実に対照的だった。
 
 日本にもポゼッションに重きを置く時代があった。14年のブラジル・ワールドカップを戦ったザックジャパンだ。しかし、ブラジルの地では1分2敗の成績でグループリーグ敗退。本田圭佑や岡崎慎司、香川、長友佑都ら北京五輪世代が選手として一番良い時期に、日本は世界の舞台で打ちのめされた。
 
 その苦い経験を経て、ではどうすればいいかと考えを巡らす“当事者”の岡崎は、次のように語る。
 
「自分たちで(ボールを)回して、結果、それでワールドカップでは勝てなかった。今はそこから脱皮するじゃないけど、成長するためにも、臨機応変さは必要だとして、そういう戦いが求められる時に勝てば、自信になる」
 
 要は、ポゼッションへのこだわりを捨てて、リアリズムに徹するということである。主導権を握れないのなら、それを受け入れて、守備的に戦うことも厭わない、と。
 
 ワールドカップという舞台を想定するならば、日本がペースを握る時間帯はおそらく限られている。弱者としての立場を受け入れたうえで、いかに戦っていくべきなのか。
 
 その意味では、ともすれば相手をリスペクトし過ぎていたとも言えるオーストラリア戦は、ひとつの試金石になるとも言える。現在地を図るうえでは、恰好のモデルケースとなった。
 
 そこで導かれた現実は、今のハリルジャパンは攻撃も守備も中途半端だということだ。オーストラリアから先制点を奪う力はあるが、それを守り切ることもできなければ、相手を突き放すこともできない。
 
 90分を通したゲーム運びに課題があるのは明らか。戦術面やキャスティングを今一度、見直して、修正を施さなければロシア行きは厳しくなるだろう。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

金田喜稔が豪州戦を斬る!「香川スタメン、清武ベンチはハッキリ言って理解ができない」

最終更新:10/14(金) 20:51

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。