ここから本文です

【徹底分析】弱小マケドニアにも大苦戦…アッズーリ新監督の戦術は時代遅れ?

SOCCER DIGEST Web 10/14(金) 18:15配信

スペインを相手に完全に自陣に引きこもる。

 結果はまずまず、内容はダメダメ――。
 
 ジャンピエロ・ヴェントゥーラ新監督の下、ロシア・ワールドカップに向けて新たなスタートを切ったイタリア代表の戦いぶりを端的に表現するとこうなる。
 
 今回の国際Aマッチウィークに行われたワールドカップ欧州予選でイタリアは、10月6日にスペインからホームで1-1の引き分けをもぎ取り、続く9日のアウェーのマケドニア戦ではロスタイムの決勝弾で3-2の勝利を収めて、2試合合計で勝点4を確保した。予選3試合を終えて勝点7を稼ぎ、スペインと並んでグループGの首位に立っている。
 
 こう書くと、ヴェントゥーラ新体制の船出はまずまず悪くないようにも見える。しかし、この2試合でアッズーリが見せた戦いぶりは問題だらけ。つい3か月前のEURO2016でアントニオ・コンテ(現チェルシー監督)が率いたチームとメンバーがほぼ同じであるにもかかわらず、様々な戦術的な問題が山積しているのだ。
 
 スペイン戦は、イタリアにとって「絶対に負けられない」どころか「勝つべき」試合だった。ワールドカップ欧州予選は、本大会に直接進めるのが各グループ1位のみで、2位はプレーオフに回るという厳しいレギュレーション。プレーオフ行きのリスクを避けて1位抜けを目指すには、直接のライバルであるスペインにホームで勝っておく必要があった。
 
 しかし、ヴェントゥーラ監督が採った戦術は、EUROでコンテがスペインに2-0で完勝した時のそれとはコンセプトがまったく異なる、極めて消極的なものだった。前線からのハイプレスを放棄してスペインにボールを持たせ、完全に自陣に引きこもったのだ。
 
 その結果、前半のボール支配率はなんと27%。たしかに、厚い守備ブロックで中央を固めて自陣2ライン(DFとMF)間にスペースを与えず、相手をサイドに追い込んでボールを後ろに戻す以外の選択肢を奪うというロープレスの組織的連携は、完璧に近かった。終始押し込まれながら前半に許したシュートはわずか2本。危険な場面はゼロだった。
 
 しかし、完全に自陣深くに押し込まれているため、ボールを奪ってもすぐにスペインのハイプレスに晒されて、やみくもにロングボールを蹴るか、パスが3本と繋がらずに終わるかのどちらか。イタリアが自陣からボールを持ち出して敵陣に攻め込んだ回数は、前半の45分間でたったの3回、シュートはゼロだった。

フットボーラーの「美人すぎる」&「セクシーすぎる」妻&恋人たち

1/4ページ

最終更新:10/14(金) 18:25

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。