ここから本文です

アラサー編集Kの自腹体験記 貯金全額をつぎ込んで出会った独身の「負けインパラ」たち

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 10/17(月) 0:00配信

一生に一度は行ってみたいアフリカに、思い切って本当に行ってきました。この旅行に貯金全額をつっ込んだ日経ウーマンオンラインのアラサー編集K。そんなケニア旅行記を全8回でお届けします。

【関連画像】トコトコと現れたマサイ族の男性

旅行1日目の記事:「そうだアフリカ、行こう」会社を辞めてケニア一人旅
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/212181/092600006/

旅行2日目の記事:一人でアフリカ冒険の旅―ついに動物に出会い感動
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/212181/100400007/

●フラミンゴが飛び立つ瞬間に遭遇

 ケニア旅行、3日目がスタートです。

 朝目が覚めたら、背中の下でバッタが1匹お亡くなりになっていました。

 前回の記事の最後に「虫たちに囲まれて眠りました。」と書いて締めたのに、つぶしてしまいました。ごめんよ。

 さて、すぐに気を取り直し、レストランで朝食を食べたらさっそくサファリに出かけます。

 今日はロッジで作ってもらったランチボックスを持って、ロングサファリに出発です。ドライバーは昨日に引き続きケニア人のジェームスさん。ロッジを出たのは朝の7時半。このまま16時ぐらいまでずっとサファリに滞在する予定。

 午前中は車で野生動物を見てまわり、午後からはマサイ族と一緒に「ウォーキングサファリ」に出かけます。「ウォーキングサファリ」とは一体何なのか、そのマサイ族は本物なのか、行ってみてのお楽しみ。

 行きの車内でジェームスさんに、リカオン(ハイエナイヌ)が見てみたいと伝えると、「リカオンはめずらしいよ~。僕は16年間で3回しか見たことがない」とのこと。

 じゃあ今日が4回目だね? と言うと、「うーん、かなり難しいと思う」だってさ。

 そんな弱気のジェームスさんと一緒に、フラミンゴが一斉に飛び立つ貴重な瞬間が見られました。

 この間、たった3秒ぐらいだったと思います。見ていて鳥肌が立ちました。

 次のページからは、この日見られた動物をご紹介します。子ゾウのかわいさに注目です。

1/3ページ

最終更新:10/17(月) 0:00

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年1月号

価格:590円(税込)

忙しい私たちのための 片づけ&捨て方
「ズボ楽」ワザ! お金が増える 銀行口座
ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017
コスメ、書類…5秒で解決! 捨てどきガイド

Yahoo!ニュースからのお知らせ