ここから本文です

37歳商社ウーマン 15歳の年の差婚をした借金男との別れに足踏みするワケ

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 10/14(金) 11:40配信

今回は、「15歳の年の差婚をするも今は離婚を考えている」というワーキングマザーからの相談について考察します。その女性は、子どもの今後を理由に離婚をためらっているといいます。健康社会学者の河合薫さんとアラサー独身会社員のニケさんが出すアドバイスとは?

【関連画像】覚悟を持って離婚問題に向き合っていますか? (C)PIXTA

●あるあるカイシャ事件簿Vol.36「尊敬できない夫、離婚したい」

 15歳の年の差で結婚しました。正直、かつての経済的な魅力が大きく、結婚したのですが、結婚当初に夫が取締役として勤めていた会社は今は倒産し、自分で始めた事業も失敗し、多額の借金を抱えている状態です。

 現在の生活は、私の貯金、育休手当などで何とかやりくりしています。こうなると、夫に対する尊敬や愛情はなくなり、離婚を考え始めています。しかし、11歳と1歳の子どもの今後も考えると離婚しないほうがいいのでしょうか。どうするのが最善の道なのか、本当に分からなくなっています。

(正社員 商社 総務 37歳)

ニケ カネの切れ目が縁の切れ目~ですよ。別れたほうがいいんじゃないですか。仕方がないじゃないですか。もう、尊敬できないんだもん。子どもために結婚続けたって、うまくいくわけないですよ!

カワイ なんかニケさん、ずいぶんと強気じゃない。

ニケ そういうわけじゃないですけど……、なんか……ちょっとだけ頭きちゃったんですよね。

 すみません! 37歳。商社勤務! 本当申し訳ないんですけど、うちの彼がかわいそうになっちゃて……。

カワイ 例の全く稼げてないミュージシャンの彼ね(苦笑)

ニケ ううう~っ、今は稼げてないですけど……、ニケは彼を信じてます! 彼は、絶対に将来は吉田拓郎になると思うんです!

カワイ アッハハ。ニケさんがそう信じているんならいいじゃない。というか、ニケさんは彼が稼げなくても尊敬しているんでしょ?

ニケ キャハッ……、だって、めちゃくちゃ物知りなんですぅ~。ニケの知らないこと山ほど知ってるし~。かけっこ速いし~!

カワイ 吉田拓郎だの、かけっこだの、ずいぶんと渋い評価ポイントね。いずれにしても、男と女の仲は当人同士しか分からない。スッチーのときにね、「いい結婚」をした人たちが山ほどいたの。ところが、バブルが崩壊した途端に、山ほど戻ってきた(苦笑)。

ニケ さすがスッチー、シビア~。やっぱカネの切れ目は縁の切れ目なんですね。おお~、怖い怖い……。

カワイ 「金のために結婚するものは悪い人間であり、恋のために結婚するのは愚かな人間である」

ニケ 何ですか、ソレ?

カワイ サミュエル・ジョンソン。数々の名言を残したスコットランドの詩人です。

 彼はこんなことも言っています。

 「結婚は多くの苦悩を生むが、独身は何の喜びも生まない」

ニケ キャアッハハ。薫さん、ヤバ! 何の喜びも生まないって~、サミュエル、地雷踏み過ぎ~(爆笑)

カワイ コラッ! ウケ過ぎですよっ!

ニケ ごめんなさい……。

カワイ (苦笑) じゃあ、コレは?

 「事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない」

ニケ グサっ、こ、これ、痛過ぎっ! もろ今回の相談じゃないですか。

1/3ページ

最終更新:10/14(金) 11:40

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年1月号

価格:590円(税込)

忙しい私たちのための 片づけ&捨て方
「ズボ楽」ワザ! お金が増える 銀行口座
ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017
コスメ、書類…5秒で解決! 捨てどきガイド

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。