ここから本文です

高須院長「トランプは典型的な田舎の土地成金」

NEWS ポストセブン 10/15(土) 7:00配信

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回はアメリカの大統領選や、フィリピンのドゥテルテ大統領などについてお話を聞きました。

 * * *
──アメリカの大統領選も盛り上がってきていますね。

高須:本当に盛り上がってるの? なんだか、泥沼化してきているように見えるけどね。

──トランプ候補の性的発言が問題になってからは、なんだか政策よりも個人攻撃ばかりになっています。

高須:僕はトランプが大統領になればいいと思ってるんだけど、流れはちょっと変わってきたかな。私生活とか素行の面でトランプがかなり不利になってきた。まあ、ビル・クリントンよりはマシだと思うけどね(笑い)。

──たしかに、女性問題ではクリントン元大統領もいろいろ出てきています。

高須:ヒラリーの旦那さんは、根っからのスケベなんだと思うよ。表向きは紳士だけど、周りは不倫相手ばっかりで、セクハラ三昧なんだもんね(笑い)。ムッツリしているからこその変態だよ。

 一方、トランプは典型的な田舎の土地成金だね。お金持ちになって嬉しくて、いろんなところにサービスしちゃう。自分の力を見せつけたいっていう気持ちもあるだろうから、きれいな女性を周りにおいたりしてね。でも、実際にはスケベなわけじゃなくて、偉ぶりたいだけなんだよ。だから、スケベなことを言っても、結局口だけで特に実行はしてないんじゃないかな。クリントンは言わないでやりまくるタイプ(笑い)。

──ということは、ヒラリー候補にしてみれば、夫に足を引っ張られている、と。

高須:まあ、ヒラリーさん自身も政治資金なんかではいろいろ問題もあるんだけど、夫がビル・クリントンではなかったら、わけのわからないセクハラ問題なんかで責められなかったわけだからね。夫が元大統領じゃなかったら、ここまで来られなかったっていうジレンマもあるのかもしれないけど、もし他の人が夫だったら、ヒラリーはもっと早く大統領になってたかもしれないね。

1/3ページ

最終更新:10/15(土) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。