ここから本文です

【人物相関図付】愛之助&滝藤賢一がヨシヒコに出演!

Smartザテレビジョン 10/15(土) 1:00配信

深夜の低予算冒険活劇「ドラマ24『勇者ヨシヒコと導かれし七人』」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)の第2話が10月14日に放送され、ゲストに片岡愛之助、滝藤賢一、手島優が出演した。

【写真を見る】ヨシヒコ(山田孝之)とメレブ(ムロツヨシ)の掛け合いは、ファンから「かわいい!」と評判

第1話で、仏(佐藤二朗)の導きにより、魔王を倒すため“運命の玉を持つ7人の戦士”を探す旅に出発したヨシヒコ(山田孝之)たち。

第2話では、カルバドの村に到着。人の気配がない中、メレブ(ムロツヨシ)が、やっと見つけた村人に声を掛けると、その人は顔がゾンビ。一行は慌てて逃げ出し小屋に隠れて一夜を過ごすことに。

しかし、翌朝起きると、ムラサキ(木南晴夏)はゾンビ化していた。

滝藤は、そこに現れたゾンビ処理係のロビン役で「ゾンビ化を治癒できる『噛みの神』がいるよ」と一行に教える。ブラックなことを笑顔で言うキャラクターでストーリーを盛り上げた。

そして、愛之助はヨシヒコたちが会いに行った「噛みの神」役で登場。

歌舞伎風の口調で神の貫録を表現しつつも、ゾンビの女(手島)の色気に屈してしまい、自身もゾンビになってしまったというスケベ男を演じた。

さらに、仏の子供・さとしが登場したり、ヨシヒコの左手に寄生する生物「ヒダリー」で山田がバレバレの腹話術を披露したり、付けていなくてもブラジャーがずれている気がする呪文「ブラズーレ」が披露されるなど今夜も話題満載なひと時となった。

10月21日(金)放送の第3話では、ヨシヒコ一行は、おしゃれ感漂うエフエフの村へ。金髪・長身のイケメン戦士・ヴァリーから「暴君と化した国王を共に倒そう」と勧誘される。

イケメンのヴァリー役は誰なのか。物語の展開や豪華ゲストキャストに、今後も目が離せない。

最終更新:10/15(土) 1:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。