ここから本文です

【映画コラム】作家と編集者の奇妙な関係とは『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

エンタメOVO 10/15(土) 14:23配信

 1920~30年代のニューヨークを舞台に、『天使よ故郷を見よ』などを残し、37歳でこの世を去った作家トマス・ウルフ(ジュード・ロウ)と彼を支え続けた編集者マックス・パーキンズ(コリン・ファース)の関係を、実話を基に映画化した『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』が公開中だ。

 本作は、原題の「天才」が示す通り、あたかも『アマデウス』(84)のモーツアルトとサリエリのような、天才と凡人、表現者と理解者の屈折した関係を浮き彫りにしながら、名作誕生の裏に隠された友情と葛藤、闘いを描いている。

 ウルフとパーキンズの関係は、親子のようにも見えるが、ある時は同志、またある時は友人、恋人のようにも見えるという具合に一筋縄では語れない。ただ、変わり者で孤独な彼らが引かれ合うという構図はユニークなものとして映る。

 また、ウルフの原稿に情け容赦なく駄目出しをしながら、自分は正しいことをしているのかと悩むパーキンズ、二人の関係に嫉妬するウルフのパートナー(ニコール・キッドマン)とパーキンズの妻(ローラ・リニー)の姿も描かれる。

 彼らの姿を通して、ウルフの人を引きつける魅力や作家としての才能、業や性(さが)を際立たせるという手法が秀逸だ。ウルフを中心に微妙に絡み合う人間関係を見事に表現した4人の名優による演技合戦も見ものとなる。

 さらに、パーキンズが担当したF・スコット・フィッツジェラルド(ガイ・ピアース)とアーネスト・ヘミングウェー(ドミニク・ウェスト)を登場させて、作家とは、文学とはというテーマを掘り下げ、物語に厚みを加えている。

 ミュージシャンのボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞して話題になっている今、本作を見て、改めて文学について考えてみるのも一興だ。(田中雄二)

最終更新:10/15(土) 14:23

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。