ここから本文です

本木雅弘、深津絵里と「ブイブイいちゃつきたい」 「竹原ピストルは本妻、池松壮亮は愛人」

エンタメOVO 10/15(土) 15:05配信

 映画『永い言い訳』の公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の本木雅弘、竹原ピストル、池松壮亮ほかが出席した。

 本作は、妻を亡くした瞬間に不倫相手と密会していた、涙を一滴も流せない男・衣笠幸夫のラブストーリー。

 本作が7年ぶりの主演作となった本木。登場早々、この日は欠席した妻役の深津絵里に対し「今回20年ぶりに絵里さまと再会を果たしたんですけど、撮影はわずか2日だけで、また今日の晴れの日にお目文字できるのかと期待してましたが、天照深津神さまは天岩戸を開けてくださりませんでした…」とぼやいた。

 さらに「深津ちゃんが大好きです。また20年先に老年カップルのラブストーリーでブイブイいちゃつきたいです」とラブコールを送った。

 ミュージシャンとして活動する竹原の演技については「存在感が素晴らしかった。完全に食われていた。また映画館にも帰って来てほしい」と絶賛した。

 池松については「(池松に)タックルされて引きずられるシーンで、私のたぷんたぷんのおなかがシャツから露わになるのが丸映りしているんじゃないかって気にしてブツブツ言っていたら、本番で池松さんがタックルして芝居をしながら私のシャツを直しておなかが見えないようにしてくれたんです」と撮影時のエピソードを披露。

 池松も「監督は本木さんのおなかを映したそうな気がしたんだけど、本木さんがうるさいもんだから隠すしかないなあと思って…」と明かして、笑いを誘った。

 このエピソードを聞いた竹原が「嫉妬を禁じ得ない。撮影期間中、本木さんは僕と一緒にいる時は、僕のことをかわいがってベタベタしてくださるんですけど、池松さんと一緒の時は池松さんとイチャイチャしてるので、僕と池松さんのどっちが好きなのかハッキリしてほしい」と直談判。

 本木はすかさず「いや、こっち(竹原)は本妻。あっち(池松)は愛人」と“言い訳”した。

最終更新:10/15(土) 15:05

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。