ここから本文です

岡田将生、佐藤健に「現場でほれました」 「一番モテる人は?」に登壇者が回答

エンタメOVO 10/15(土) 15:50配信

 映画『何者』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督が登壇した。

 本作は、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生を描いた朝井リョウ氏の原作を映画化。この日は、その内容にちなみ、登壇者たちがお互いをどう思っているのか、本音を尋ねる企画を実施した。

 「全員で就活をしたら一番早く内定を取りそうなのは?」というお題に、菅田は佐藤を指差し「健くんは本気を出したら何でもできる人。もちろん、クレバーな部分もあるし、人当たりもいいし、そしてこのフェース。絶対にいけるでしょう」と観客も納得のコメント。

 一方、佐藤は二階堂を挙げ「就活体験でグループディスカッションで一緒だった時に、空気を完全に支配していた。こういう子が受かると思った」と分析した。

 二階堂は「健さん。健さんは、私が取る側だったらほしい方だなと思いました」と冷静に答え、岡田も「健さん」と同調。これには佐藤も「今日(俺が)人気だな。ちょっと就活してみようかな」とまんざらでもない様子で、笑いを誘った。

 続く「一緒にルームシェアをするとしたら誰?」というお題には、佐藤、有村、岡田が「菅田くん」と回答。岡田が「朝から元気をもらえそう」と理由を挙げると、佐藤は「単純に消去法。山田孝之と同居は無理でしょ」と語った。これに対して山田は「俺、おまえを指したよ」と不満げな様子で、「全く(互いに)干渉せずにいれるかなと思って」と佐藤を選んだ理由も語ったが、当の佐藤は「こっちは結構気を使うよ…」と苦笑いだった。

 また「この中で、一番モテそうなのは?」という質問では、佐藤が人気者に。二階堂が「かっこいいですよ。いろんな話を持っているし、男性にも女性にもモテる方だと思う」と話すと、岡田も「一緒にいて楽しかった。本当に一緒に遊んでくれるというか、どの人に対してもレベルを下げてくれる。なんて優しい人なんだと現場でほれてました」と“告白”。

 当の佐藤は有村を指差し「(理由を聞くのは)愚問。現実的にもてる人を考えたら有村さん」と答え、同じく菅田も「今朝、久々にお会いしたら『ドラマ大丈夫?大変?』って聞かれて好きになりました」と明かし、笑いを誘った。

最終更新:10/15(土) 15:52

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。