ここから本文です

デジタルタトゥーに悩む女性が急増 ライブチャットで被害も

NEWS ポストセブン 10/15(土) 16:00配信

 殺人にまで及んだストーカーが被害女性のあられもない姿をネットに公開した事件によって、ネットでの「リベンジポルノ」の危険性については多くの人が知るところとなった。いま、そこから一歩進んで、ネット上に残した痕跡が消せない「デジタルタトゥー」が大きな問題になっている。デジタルタトゥーが刻まれたことで人生を一変させられた女性について、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *
「デジタルタトゥー」

 ネット上に、たった一度でも個人情報などが拡散されてしまえば、その痕跡を完全に消し去る事が困難である事から、いわゆる「入れ墨」に例えて使われるようになった言葉である。今、この「デジタルタトゥー」に悩む若い女性が、とある所で激増している事実は、あまり知られていない。

 M子(23)は、ファッション雑誌やネット通販サイトでモデルとして活動していたが、ある日突然、一方的に事務所から解雇を告げられた。事務所側から送られて来た書面には「重大な契約違反」と記してあったが、実はM子には思い当たるフシがない訳ではなかった。

 大学三年の春、知人の紹介で東京・池袋のキャバクラでアルバイトを始めたM子。スタート時給は3500円。夜の10時から深夜2時まで、週に3~4回の勤務で、実家からの仕送りの3倍相当、約20万円以上の月給を手にしていた。ちょうどその頃、所属していたサークルの仲間からのあと押しもあり、M子は大学ミスコンにエントリーすることが決まった。

「当時は20歳でしたが、ミスコンへのエントリーが決まると、毎日飲み会が続きました。選挙と一緒で、いろんな所に顔を出さなきゃいけないんです。美容室に行く回数も増え、服だってたくさん買いました」

 飲み会が増え、キャバクラでのアルバイトも週に2日出られればいい方。支出は増えるが収入は減るという悪循環の中で、M子の頭の中はいつしか「手っ取り早く稼ぐ」事でいっぱいになっていた。しかし、切羽詰まってはいても、短絡的な稼ぎ方には当然抵抗があった。

1/4ページ

最終更新:10/15(土) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ