ここから本文です

衝撃!埼玉に吹き荒れる和ダシラーメンの新潮流

東京ウォーカー 10/15(土) 7:15配信

期待の新店が次々登場した2016年の埼玉ラーメンシーン。なかでも、乾物系素材を生かし、和食と融合したような優しいたたずまいのラーメンが埼玉でも増えている。新たなムーブメントになりつつある、和ダシじんわり系ラーメンをご紹介。

【写真を見る】「寿製麺 よしかわ 川越店」の煮干そば 白醤油。しっとり食感のレアチャーシューなど、細部まで品格あるたたずまい

■ 「寛~くつろぎ~」(鶴瀬駅)

マンガ家のアシスタントを経てラーメン業界に飛び込んだ、異色の経歴を持つ店主。都内の某有名店で3年間の修業を積み、満を持して地元で独立した。煮干しと乾物素材のみで作る淡麗系の煮干そばが看板メニューで、県外客も多く訪れるほどの話題を呼んでいる。

煮干そば(700円)。動物系を一切使用せず、煮干し、昆布、貝柱に焼きアゴで香ばしさをプラス。薄口醤油がふわりと香る滋味深いスープにはプリプリの細麺がよく合う

■ 「寿製麺 よしかわ 川越店」(川越駅よりバス)

14年、上尾で大ブレイクした煮干しラーメン界の雄が、県内有数の激戦区・川越に進出した。複数の煮干しを効かせた旨味濃厚な味はそのままに、川越限定メニューも展開。なかでもイカ干しを濃厚に煮込んだ、イカ煮干しそば(800円)はリピーターが急増中の一品だ。

煮干そば 白醤油(690円)。厳選した5種類の煮干しに、優しい香りの白醤油を合わせた淡麗系。しっとり食感のレアチャーシューなど、細部まで品格あるたたずまいだ

■ 「麺や まつ本」(柳瀬川駅)

駅前ショッピングモールに登場した和風ラーメンの専門店。煮干しや乾物をふんだんに使い、ホテルレストラン勤務時代に評判だった味を再現。夜は酒やつまみも充実し、地元の幅広い客層から支持を得ている。

特製中華そば(950円)。鶏、煮干し、シジミを別々に取る深みのあるスープに、中細ストレート麺という鉄壁の組み合せ。穂先メンマのコリコリとした食感も楽しい

だんだんと肌寒くなる季節。和ダシが効いたじんわり系ラーメンで、心も身体もあたたまってみては。【ラーメンWalker編集部】

最終更新:10/15(土) 7:15

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。