ここから本文です

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト発イケメン集団が降臨【前編】

Smartザテレビジョン 10/15(土) 11:57配信

ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズが“チームシニア”と“チームユース”に分かれて対決する冠バラエティ「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ 胸キュン選手権」(10月15日(土)夜9:30、テレ朝チャンネル1)がいよいよ放送スタート。

シニアの3人は「チームユースに勝つ!」と気合い十分

「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」は、 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身の24人で結成されたイケメン揃いのグループだ。

チームシニアのメンバーに、初・冠バラエティについての意気込みや胸キュンにまつわるエピソードを聞いた。

――「これなら相手を胸キュンさせられる!」と自信のあることは?

浦崎右京「歌なら胸キュンさせられます!!」

河辺隼門「物事に対する真剣さです」

久保田幸喜「歌とダンスではキュンとさせられる自信があります!」

財前優一「運動には自信があるので、体育祭です!」

高津一樹「スポーツしている時ですね」

田中那智「野球でピッチャーとして投球する動作は自信あります!」

西川拓毅「俺もずばりダンスです!」

林裕一朗「料理です。高校生の時からよく晩御飯を作ったりしているうちに、1つの特技になりました。結構おいしいですよ!(笑)」

前嶋曜「ギターで弾き語りですかね」

森下拓実「トランプマジックかな」

若菜元貴「バスケをやっている姿を見せたら胸キュンさせられると思います」

和田将吾「俺も、料理は自信がありますよ」

――キュンとくる女性の仕草やフレーズは?

浦崎「さりげなく料理を取り分けてくれたり、みんなの飲み物に気を使ってくれたりと、気配りのできる女性にキュンとします」

河辺「関西弁で言われたら何でもいいです(笑)」

久保田「ぼく福岡県出身なんですけど、女の子が博多弁を使った時にキュンとします! それと髪を耳にかける仕草が好きです!」

財前「夏に日焼け止めを塗るしぐさと、その匂いです」

高津「1人で笑っている姿…ですかね(笑)」

田中「上目遣いにキュンとします」

西川「思いっきり笑っている姿と、照れて恥ずかしそうにしている時かな」

林「Sっ気の強い女の子がちょっと恥ずかしそうにしたり、クスって笑ったりするとキュンとします」

前嶋「女の子が耳に髪をかけるときにドキッとしますね」

森下「照れ笑いしている時です」

若菜「『ほっとけない』って言われたら、ドキッとしちゃいます」

和田「ほっぺた膨らました表情が好きですね」

――最後に冠バラエティへの意気込みを教えてください。

浦崎「女性だけでなく男性にも『お、いいね!』と思ってもらえる胸キュンセリフを言いたいですね! メンバーのほとんどが初演技なのでそこにも注目してもらえたらと思います」

河辺「僕らメンバーの気合いと、番組中にも成長していくところを見てほしいですね」

久保田「初めてのことで緊張もありましたが、見てくれる方みんなをキュンキュンさせちゃうのでみんな見てください!」

財前「撮影は緊張しましたが、この番組をきっかけにアナザーズがもっと有名になれたらなと思います!」

高津「慣れていないことも多くて難しかったのですが、一生懸命頑張ってる姿を見てほしいです!」

田中「チーム同士で応援しあうシーンと、チームの絆を見てほしいです!」

西川「お披露目から1年未満のメンバーの初々しさと、回を追うごとに成長していく姿、CDデビューをかけた対決に挑むチームの団結力が見られると思います」

林「この番組を通して、そしてこれからどんどん、いい男として、いい人間として成長して、みなさんの期待に応えられるように頑張りたいです」

前嶋「まずはCDデビューすることが目標だから、この番組の対決でユースに勝ちたい!」

森下「全員で頑張っているのでたくさん笑ってください!」

若菜「最終的にユースに勝つために、負けたメンバーは勝ったメンバーにどんどんアドバイスしてチームシニアとして頑張ります」

和田「初めはメンバーみんな照れが見えていたけど、回数を重ねるにつれ胸キュンのコツをつかみながら成長していく姿に注目してほしいです!」

最終更新:10/15(土) 11:57

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。