ここから本文です

【アメトーーク!】雨上がり決死隊が感じる、番組の魅力とは

Smartザテレビジョン 10/15(土) 12:04配信

テレビ朝日系にて、毎週木曜深夜に放送中の雨上がり決死隊がMCを務める「アメトーーク!」が、10月16日(日)より日曜ゴールデンにも進出し、「日曜もアメトーーク!」としてスタート。

【写真を見る】「芸人体当たりシミュレーション」の種目もゴールデン仕様にパワーアップ!

これまで同番組は、“木曜日の深夜”はちょっとマニアックなネタ、“ゴールデンSP”では人気のあるネタを取り上げてきた。週2回放送となる今後はどうなっていくのだろうか?

雨上がり決死隊・蛍原徹は「木曜日もありますからね。単純に倍になるわけだし…。でもスタンスは変わらないはずです」と意気込む。宮迫博之も「今までゴールデンでやっていたようなテイストを日曜日で多くやっていくんだと思います。もちろん、新しいことも考えつつ」と番組の未来を予測した。

番組にまつわる“あるある”を聞いてみると、宮迫は「加地(倫三GP)さんから聞いた話だけど、収録時間が夜12時を過ぎていると、(蛍原の)トークテーマ発表の声が低くなるらしいで(笑)」と裏話を明かす。すると蛍原は「えっ!? 自分では気付いていなかったけど(笑)」と驚き、宮迫は「注意して見てもらうと面白いはず!」と新たな見どころを明かした。

'03年4月に30分番組としてスタートしてからはや13年。番組が長く続く秘訣(ひけつ)について尋ねると、蛍原は「長いこと続けられたらいいなぁ~とは思っていたけど、ここまでなるとは。具体的な理由は分からないんですよ。ただ一回一回楽しんでいるという感じかな」と分析する。

宮迫も「長く続いているのはそれもあるかも。僕らを含め、芸人もスタッフもただ楽しくやっているという。収録中は本気で笑っていますからね。

でも、ただ楽しいだけではなく、そこは芸人がアグレッシブにいろいろ仕掛けてはいて…。その楽しさプラスアルファ的なこところが飽きないのかもしれないです」とあらためて番組の魅力を明かす。

同番組ではこれまで、「中学の時イケてないグループに属していた芸人」などテーマごとの“くくりトーク”や、「芸人体当たりシミュレーション」などの人気企画を生み出してきた。

宮迫は「本当にいろんな企画あるしな。今アツい『広島カープ芸人』なんて、’12年にやっていますから。今思うと先駆けやったな~」と語り、蛍原も「あれでカープ女子が増えたらしいよね。この番組で取り上げたら話題になる、と言ってもらえるのはありがたいですね」と番組を見てくれる視聴者に感謝の意を表した。

初回放送では、「日曜もアメトーーク! カステラ&プチシューこんなモン太る訳ない 体当たーーーりSP」と題して2時間SPで放送。「芸人体当たりシミュレーション」と「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」の2本立て。

ゴールデン進出一発目となる「芸人体当たりシミュレーション」には吉村崇、狩野英孝、澤部佑、カズレーザー、村上健志らおなじみのメンバーが登場し、井上裕介、サンシャイン池崎が初参戦する。今回は「アツアツ鉄板足つぼPK」「ぐるぐるバッド三段跳び」「回転竹刀ジャンプ」「強力ゴムビーチフラッグス」「10mくさやプール障害物競泳」の5種目に体当たりで挑み、リアクションを検証する。

スタジオには、今回から導入された“アツアツ鉄板”が登場し、雨上がり決死隊がPK対決を行うことに。果たして勝ったのは…!?

そして、「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」には小杉竜一、伊達みきお、山崎弘也、ゆりやんレトリィバァらぽっちゃり体形の芸人たちが大集合。一同は、どんなときに、どんなものを食べ過ぎてしまうのかを熱弁し、食べ過ぎてしまう理由とシチュエーションを検証する。ほか、袋菓子などの「一度開けたら最後。ずっと食べ続けてしまうもの」などを紹介。

また、“食べ過ぎちゃう芸人”たちが苦労して撮影した「ついつい食べ過ぎちゃう刑事ドラマ」も公開する。

最終更新:10/15(土) 12:04

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。