ここから本文です

「魔法のマヨソース」で、淡泊なとりむね肉をガッツリおかずに

東京ウォーカー 10/15(土) 15:30配信

手ごろなお値段で、家計にうれしいとりむね肉。その反面、さっぱり味わいが災いして、男性陣には「むね肉=ご飯が進まないおかず」認定されている可能性が……。

【写真を見る】肉に片栗粉をまぶし、油をかけて加熱すると表面がころもでおおわれたようになり、肉がパサつかず、ソースもからみやすくなります

そんなむね肉を食べ応えのあるガッツリおかずに変身させるのが「チキンのガーリックマヨソース」です。男子に人気のえびマヨ風味付けで、「これがとり肉!?」と彼に驚かれること間違いなし!



【チキンのガーリックマヨソース】(1人分619Kcal、塩分2.6g)



<材料>(2人分)

とりむね肉大1枚(約300g)、下味(酢小さじ2、塩小さじ1/3、こしょう適宜)、レタス2~3枚、ソース(おろしにんにく小さじ1/2、マヨネーズ大さじ5、牛乳大さじ1、砂糖大さじ1/2、塩小さじ1/4、こしょう少々)、片栗粉、サラダ油、粗びき黒こしょう



<作り方>

(1)とり肉は縦半分に切ってから一口大のそぎ切りにする。ボウルに入れ、下味の材料をもみ込み、室温に約10分置く。

(2)1のとり肉の表面に片栗粉を薄くまぶし、耐熱皿に皮目を下にして並べる。このとき、中央をあけて並べる。油大さじ3を肉の表面にかけ、ラップをかけずに約7分加熱する。

(3)ボウルにソースの材料を混ぜ合わせる。2の粗熱がとれたらボウルに加えてあえる。

(4)レタスを細切りにして器に盛り、3をのせてこしょう適宜をふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/15(土) 15:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。